健康

2017/03/05

不正問題のあったディオバン…服用しても大丈夫?

不正問題のあったディオバン…服用しても大丈夫?

高血圧治療の薬として用いられているディオバン。しかし、いくつかの不正問題が持ち上がり、ニュースにも取り上げられました。ディオバンは服用していても大丈夫なのでしょうか? ディオバン事件を振り返りつつ、その効果について薬剤師にお聞きしました。

30代男性からの相談:「ディオバンを飲み続けていても大丈夫なのでしょうか?」

現在私は高血圧の治療のため投薬治療をしています。処方されている薬はディオバン160mgで、毎朝1錠服薬しているのですが、ちょっと前このディオバンがニュースで話題になりましたよね? よく分からないのですが実際発表されているような効能はないとかそういう話題だったと記憶してます。
現在私みたいにディオバンを服薬している人は何も差し支えないと思っていいのでしょうか? 専門家の方のアドバイスをぜひお願いしたいと思います。

似た質問もチェックしてみましょう

>>週刊誌に載っている「飲んではいけない薬」ってなに?


ディオバン事件とは

高血圧治療薬ディオバンの臨床試験にノバルティスファーマの社員が統計情報の解析に関わっていたこと、5つの大学で行われていた臨床研究結果の論文データに問題があったとして該当の論文が撤回された事件。


ディオバンにまつわる問題とは?

ディオバンに関連する問題はどのようなものだったのでしょうか。ここでおさらいしておきましょう。

ディオバン(一般名:バルサルタン)は、高血圧症の治療薬として、2000年11月に発売となった薬です。(薬剤師)
発売後に医師主導で行われた臨床研究のデータ解析に販売会社の社員が関わったことや「ディオバンは、他の降圧剤に比べて、脳卒中や狭心症などのリスクを軽減する」と発表された論文データに問題があったというものです。(薬剤師)
ディオバンの臨床試験データで問題となったのは「脳卒中や心臓病を予防する効果が、他の薬と比べてディオバンの方が高い」というデータに不正があったということです。(薬剤師)
他の降圧剤によりいい効果があるとして、販売会社が宣伝し、売り上げを上げたことも問題となりました。しかし、発売前の開発段階で行われた臨床試験結果は問題はありません。(薬剤師)

ディオバンは飲んでも大丈夫なのか?

専門家にディオバンの効果についてお聞きしました。

ディオバンの降圧効果や安全性は認められて薬として承認されていますので、他の降圧剤同様、降圧効果は期待できます。(薬剤師)
ディオバンが血圧を下げる効果には問題はなく、また、脳卒中や心臓病を予防する効果があるということに間違いはありません。(薬剤師)
そして今回の問題は、安全性に関して問題があったというものでもありません。従って、相談者さんが医師の処方によりディオバンの服用を継続されることに問題はないと考えていただいてよいかと思います。(薬剤師)
ディオバンを服薬して、血圧が安定し、副作用などがみられていないようであれば、差し支えないかと存じます。(薬剤師)
もし、それでもディオバンに対し不信感や不安があるようでしたら医師に相談し、類似の効果がある他の薬に変更をお願いすることもできます。ただし、ご自身の判断で服薬をやめてしまうことは危険ですので、決して自己判断で服薬をやめないでください。(薬剤師)

ディオバンの臨床研究で不正があったとニュースで見聞きすると、その効果についても疑問を抱いてしまいがちです。しかし、その効果には問題はないとのことです。ただ、もし心配であれば医師に相談するのがいいでしょう。疑問を感じ続けながら薬を飲むことはストレスにもつながってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加