虫歯治療した歯がしみてボロボロに…原因は?

  • 作成日:2017.03.03
  • 更新日:2017.03.02
健康

治したはずの虫歯がしみていたくなり、さらに歯がボロボロになって簡単に欠けてしまう…。想像しただけでも恐ろしい状況は、なぜ起こってしまったのでしょうか。専門家にお考えいただきました。

20代男性からの相談:「治したはずの歯がボロボロに…原因は?」

昔にできた虫歯を放置していて、そこから激痛が走り治療を行ったのですが、その虫歯が完治した後でも歯がしみたり、舌で強く歯を押すと欠けていくようになってしまいました。
歯医者に行っても虫歯などではないとのことなのですが、何が原因となって歯が欠けていくのか教えてください。
普段も欠けた時も痛みなどは全くなく、今のところ日常生活には何も支障はないのですが、このまま歯がどんどん欠けていって全ての歯が入れ歯になってしまうのではないかと心配です。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯がもろくて弱い…すぐ欠けたりしてしまう原因はなに?

歯がもろくなってしまった原因は?

なぜここまで歯がボロボロになってしまったのでしょうか。考えられる可能性を歯科医師の方に挙げていただきました。

虫歯を治したけれど、その後歯が欠けるようになったら、心配ですよね。激痛がしてから虫歯を治したということですが、その歯は神経をとりましたか? もし神経をとったのなら、金属製の被せものを装着しましたか? 仮に、神経をとったとして、被せものを装着せずにその部分だけ白い詰め物で治したということはありませんか?(歯科医)
実は、歯は神経をとると、もろくなってきます。被せものを装着するのは、もろくなった歯を保護するという意味も兼ねています。そうしなければ、歯が縁から徐々に欠けてくることがあるのです。しかも神経をとっているので、欠けてきても痛くなることはありません。(歯科医)
相談者さんの歯は、虫歯の治療で、神経の治療をした歯で、かつ被せものを装着せず、その部分だけ白い詰め物で埋めて終わった歯なのかもしれません。これが欠けてくる理由なら、歯に金属製の被せものなどを装着することで、歯を守るようにした方がいいでしょう。(歯科医)
なお、歯が少しずつかけていったとしても、たいていは縁の薄い部分だけです。欠けてくる程度なら、入れ歯にしなければならくなるほどにまで、歯がなくなってしまうようなことはまず起こりません。(歯科医)
しかし、歯が割れたりすれば別です。歯が割れた場合、抜歯になることもあります。硬いものを噛んだことで、歯が割れてしまうこともあります。(歯科医)
まずは、かかりつけの歯科医院で、歯の神経をとったかどうかをまず確認なさってはいかがでしょうか。(歯科医)

簡単に歯が欠ける状態は普通ではない

舌で歯を強く押すと欠けてしまう…この状態で日常生活に支障は出ていないのでしょうか?

大変申し訳ないのですが、質問文から現在の口腔内の状況がよくわかりません。治療が完了した後にも歯がしみることはあります。これは治療による刺激で神経が過敏になっていることや、銀歯を入れることで熱伝導がよく、しみる感覚になることがあるということや、もともと知覚過敏がある歯ではそのようなことが起こります。(歯科衛生士)
しかし、舌で強く歯をおすと欠けてしまうというのがどのような状況なのかわかりません。今は日常生活に支障がないとのことですが、舌で歯をおしただけで欠けるというのは明らかにおかしい状況です。一度、他の歯医者でセカンドオピニオンを受けていただくことをおすすめします。(歯科衛生士)
歯医者によって、診断は変わると思いますので、他の医院で相談してみてください。虫歯でなかったとしてもなんらかの問題はあるはずです。(歯科衛生士)

歯がもろくなってしまう原因は神経を取ってしまったからなのかもしれません。しかし、歯で押しただけで歯が欠けてしまうという現状は放置しておくのがよくないでしょう。今一度歯科医に相談をして調べてもらうのが先決ではないでしょうか。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。