健康

2017/03/02

肌をスベスベにして印象アップ! オトコの肌荒れ撃退法3選

肌をスベスベにして印象アップ! オトコの肌荒れ撃退法3選

近年、男性用のスキンケア商品も多く目にするようになり、男性も女性同様、肌の状態に目を向けるようになってきています。男性でも、肌の綺麗な人の方が良い印象を与えやすいものです。今回、男性の肌荒れのタイプやその原因、そして解決方法について詳しくご紹介しましょう。

肌荒れへの対策は3つある

1、優しく洗顔する

肌荒れ予防対策の一つ目は、洗顔を優しく行うことです。洗顔をする時は洗顔石鹸をよく泡立て、きめ細かい泡を作ってから、泡を顔に乗せるようにして指の腹や手の平を使い、手で直接肌を擦らないようにし、泡の力だけで洗うイメージで洗顔しましょう。

洗い流しはお湯ではなく水を使うと、皮脂が落ち過ぎることを防ぎ、より効果的です。洗顔後は肌から水分が逃げないように、なるべく早く化粧水をつけ、その後は乳液やクリームを適量塗ってしっかり保湿しましょう。

2、髭剃りを見直す

2つ目は、髭剃りの仕方や頻度を見直すことです。肌荒れが気になるという人で、髭剃りは毎日欠かさずしているという人は、剃刀と電気シェーバーを使い分けましょう。

剃刀での髭剃りは、直接肌を摩擦するため、剃刀負けしやすく肌荒れに繋がってしまうのです。剃刀でヒゲを剃った後は、必ず化粧水や乳液で保湿をするようにしましょう。

電気シェーバーの方が剃刀に比べると肌への刺激が少ないので、肌荒れが酷い人は、電気シェーバーを中心に髭剃りをすることをおすすめします。また、休日や人に会わない日は髭剃りをお休みし、肌を労わることも大切です。

3、生活習慣を見直す

そして、三つ目の対策は生活習慣の見直しです。食生活においては、脂肪分や糖分を多く摂取し過ぎず、肌の免疫力を高めるビタミンを多く含む野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。

特に、紫外線ダメージから肌を守るはたらきのあるビタミンCや、肌のターンオーバーを促しアンチエイジングに効果的なビタミンEは、肌荒れ対策に大変効果的です。ビタミンCは赤ピーマンやブロッコリーやレモン、ビタミンEはアボカドやバナナ、アーモンドなどに多く含まれています。

睡眠も、眠る時間は毎日なるべく同じにし、睡眠時間は充分にとるようにしましょう。理想は6から8時間ほどです。また、肌の再生を促す成長ホルモンが多く分泌される午後10時から午前2時の間に眠っている状態が理想的です。 良質な睡眠をとって、ストレスや披露を減らすことで肌にも良い影響が現れます。

肌トラブルには3つのタイプが

男性の肌トラブルには大きく分けて3つのタイプがあります。肌の水分量が少ないことで起こる乾燥肌、肌に脂が多くて起きる脂性肌、乾燥と脂っぽさの両方の症状が肌のところどころに現れる混合肌です。

・乾燥肌

肌の潤いが足りずに起こる肌トラブルです。肌の表面がカサカサした感触になり、皮が剥けて粉を吹いたような見た目になったり、小じわが増えたりして、老けたような印象を与えることもあります。

これは肌を刺激から守るバリア機能が弱くなっていることで起こると考えられています。ストレスや加齢など、様々な要因から肌の表面を覆う皮脂量が低下し、水分が逃げていきやすくなったり、摩擦などの刺激に敏感になったりして、かゆみや痛み、赤みなどの症状が肌に現れることがあります。

・脂性肌

肌の表面に出る皮脂が多過ぎることによって引き起こされます。皮脂は男性ホルモンが皮脂腺を刺激することで分泌されるのですが、男性ホルモンが多いと皮脂量は増えます。

つまり、男性は女性よりもともと脂性肌になりやすいのです。この状態になると、肌の見た目はテカテカした感じになり、症状が酷い場合には皮脂が毛穴を詰まらせてニキビが出来ることもあります。

・混合肌

乾燥肌と脂性肌の両方の症状が肌に起きるものです。これは、肌の場所によって乾燥していたり、皮脂が多過ぎたりと、極端に異なった肌質になっている状態です。

この肌のタイプは、水分不足によるカサつきが原因のかゆみや、皮脂量過多によるニキビや吹き出物など、様々な肌トラブルが起こりやすく、そのケア方法もそれぞれの肌の部位の質によって変えなければなりません。

この肌質の人は混合肌であることを自覚していないことが多く、肌トラブルが起き、病院等に行って初めて自分が混合肌であることが発覚することがあります。

そのため、混合肌に気づかない間に間違ったスキンケアをしてしまい、状態を悪化させてしまうこともあるのです。

肌が荒れる原因ってなに?

では、肌が荒れる原因は、それぞれどのようなものなのでしょうか。

・乾燥肌の原因

まず、洗顔のし過ぎです。洗浄力の強い洗顔料を使っていたり、洗う時に力を込めてゴシゴシと擦ったりしていると、汚れに加えて肌を守っている必要な分の皮脂まで落ちてしまいます。すると、肌の表面から水分が出ていきやすくなり、乾燥肌に繋がります。

また、髭剃りも乾燥肌を促進させてしまうことがあります。剃刀による摩擦や、髭剃り後の洗い流しにより、皮脂が多く落ちてしまい、結果乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

・脂性肌の原因

脂性肌は、生活習慣の乱れが原因となる場合があります。揚げ物や高脂肪分の物、甘い物などを食べ続けると、皮脂の分泌量が過度になり、脂性肌になりやすくなります。

また、そんな脂性肌を気にして脂を落とすために強い洗顔を続けることも、脂性肌を悪化させる原因となります。 なぜなら、皮脂が落ち過ぎると体は「皮脂が足りない」と感じ、更に沢山の皮脂を出そうとし、皮脂量が余計に増えてしまうためです。

睡眠も肌荒れに大きく影響する要因の一つです。睡眠不足は体を疲れさせ、内臓機能を低下させるため代謝が悪くなり、肌へ栄養を運ぶ機能も弱まります。肌に充分な栄養が行かなくなったり、老廃物の排出がされにくくなることで、肌は乾燥したり皮脂が過度に出てしまったりして肌トラブルを起こします。

また、紫外線やエアコン、飲酒や喫煙など、肌荒れの原因には様々なものがあるのです。

・混合肌の原因

混合肌の人の場合、日光の当たり易い鼻や頬、おでこの肌を守ろうとして肌が皮脂を分泌するため、その部分が脂性肌になりやすいです。そして、水分の抜けやすい口元や目元に乾燥部分が集中する傾向にあります。

まとめ

肌荒れは、日々の生活を少し変えるだけで改善させることができます。もし、自分でのケアでも改善が見られない場合は、専門の病院や皮膚科に相談するのも良いかもしれません。ご自分の肌の状態に合わせたケア方法を試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加