仕事で目を酷使…疲れ目を解消する術とは?

  • 作成日:2017.02.28
  • 更新日:2017.02.27
健康

仕事で目を酷使する現代人にとって目の疲れとの戦いは苛烈なものです。では、目の疲れを癒すためにどのようなことが有効なのでしょうか。専門家に聞きました。

20代男性からの相談:「目の疲れを解消する薬や食品、生活習慣は?」

私はパソコンを使って仕事をしているのですが、ずっと画面を見ていることになるので、目が疲れてしまうことに毎日悩まされています。
ひどい時には目がかすんできて仕事にならないこともあるので困ります。しかし、仕事にはパソコンが欠かせないので目を休める余裕がありません。
私にはどんな目薬を使えばいいか、どんなケアをすれば目にいいか分かりません。そこで、目の疲れを解消できるような薬や、食品、生活習慣などを教えてもらいたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>目の疲れを取るために知っておいた方がいいことは?

目の疲れを解消するために

目の疲れはちょっとした疲れも倍増させてしまうもの。その疲れを解消するために何ができるのでしょうか。専門家にご意見を聞きました。

対処方法としては、市販で目の疲れに効く目薬を使用したり、タオルなど温めたものを目の上に置き温めたり、パソコンや携帯を少しでも使わない時間を増やしたりするといいです。仕事の時には仕方ありませんが、仕事が終わった後、寝る前など何も見ない時間を作るといいです。(看護師)
市販で売られている目薬で、どれがいいのかわからなければ眼科に受診し目薬を処方してもらうといいです。(看護師)
疲労を除去するには、筋肉や神経の栄養素となるビタミンをしっかりと摂取することが大事です。(看護師)
他には、目を運動させることです。近くを見たり遠くをみるなど遠近感使い筋肉の固まりを防ぐ方法です。目の筋肉は、遠近および上下左右に動かす筋肉があります。それらの筋肉を動かすことで筋肉の凝りが取れやすくなります。また、お風呂の時や目を温めるときに動かすとより効果的になります。(看護師)

目の疲れは日常生活への悪影響にも繋がる

専門家は目の疲れを早めに解消することが大切だといいます。

目が疲れているということは、辛いことです。最初は目の疲れだけかもしれませんが、ひどくなると頭痛や肩こりなど身体の不調が起こってしまいます。そうなると、仕事や日常生活に影響が出てしまうことになります。さらには、吐き気まで起こることがあります。そうならないためには、早めに対処するといいです。(看護師)
パソコンのような作業が長時間続くと眼球を動かす筋肉や水晶体を動かす筋肉が凝り固まってしまうので終わった後にピントが合わせづらくなり、固くなっているものを動かすのでいつもの以上の力を使うため疲労が起きやすくなります。(看護師)
疲労を溜めないためには、疲労を除去するか疲労を溜めにくい状況を作るかに分けられます。(看護師)

目の疲れを解消するためには、疲れを取るか疲れにくいようにするか…。その両面で対策を講じていくことができれば、目の疲れに悩むこともなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。