コレステロールを下げる薬でかゆくなる…他にいい薬はないの?

  • 作成日:2017.02.27
  • 更新日:2017.02.24
健康

コレステロールを下げる薬を飲んでかゆみが出たという相談者さん。薬の説明ではかゆみの副作用があると聞いていたのにもかかわらず、医師には薬のせいではないといわれてしまったようです。よりよい薬はないのでしょうか? 専門家にお聞きしました。

70代男性からの相談:「コレステロールを下げる薬でかゆみが…副作用でしょうか?」

コレステロールが高いため「クレステロール」という薬を服用しています。薬局から、薬を受け取るとき、この薬の副作用として、かゆみが出る人がいると聞きました。
医師に相談すると、この薬のせいではないと言われました。「クレステロール」の副作用として、かゆみが出る人がいると聞きました。薬局の人も信用できそうだし、医師も信用できそうなので対応を迷っています。
コレステロールを下げる薬で、その他の推奨薬品はありますか? 今の薬で、コレステロールは下がっています。

似た質問もチェックしてみましょう

>>コレステロールを下げるための3つのポイントとは?

コレステロールを下げる薬は他にないのか?

薬剤師の方によりよいコレステロールを下げる薬がないのかお聞きしました。しかし、相談者さんの望むものは難しいかもしれません。

「クレステロール」とありますが、コレステロールが高いために服用されているということから、お薬の名称は「クレストール」ではないでしょうか。以下、クレストールについて回答させていただきます。(薬剤師)
クレストール(一般名:ロスバスタチン)は、HMGCoAからコレステロールの素となる物質(メバロン酸)が作られないように、HMGCoA還元酵素を阻害してコレステロールを下げる作用のある薬です。HMGCoA還元酵素阻害剤は、スタチン系とも呼ばれ、他にも、メバロチン、リピトール、リポバスなどがあります。(薬剤師)
クレストールの副作用として、かゆみの報告はあります。しかし、かゆみは、その他のスタチン系の薬でも同様に報告されています。(薬剤師)
コレステロールを下げるために、ロバスタチンカルシウム(クレストール)を服用されているとのことですが、添付文書によると発疹やかゆみの副作用が報告されています。(薬剤師)

コレステロールを下げる薬でかゆみが出たらどうすべき?

薬剤師の方にコレステロールを下げる薬でかゆみが出た場合、どうすべきなのかをお聞きしました。また、許容される副作用もあるといいます。なぜなのでしょうか?

実際の症状を診ていないので、相談者さんのかゆが薬によるものなのかそうでないのかは、こちらでは判断ができませんが、薬によっては、その副作用より薬の効果(利益)が上回る場合、服用の継続の判断をとる場合もあります。ただし、その判断は自己判断で行ってはいけません。薬の服用をやめる時も、変更したい場合も、必ず医師または薬剤師に相談の上、行ってください。(薬剤師)
コレステロールを下げる薬には、他の作用機序のものもありますが、薬の選択は、症状や状態によりますので、かかりつけの医師とよくご相談されるのがよいでしょう。(薬剤師)
コレステロールを下げる薬は、他にも種類がありますので、薬を飲んでどのくらい経過すると、どの程度かゆみが生じ、いつまで続くのか、耐え難いものなのか、など、詳細を医師にもう一度相談してみてください。その上で、納得できるお話しができないようでしたら、セカンドオピニオンとして別の医師に診断を仰ぐことも1つです。(薬剤師)

薬の副作用については気になって不安を感じてしまうこともあるでしょう。しかし、場合によっては薬の効果を優先して薬を続けるということもあるようです。しかし、現状を改善したいのであればセカンドオピニオンを利用することも1つの手段かもしれません。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!