健康

2017/02/26

上の血圧が下がらない理由=高血圧を放置してきたから

上の血圧が下がらない理由=高血圧を放置してきたから

高血圧の治療で薬を飲んでいるのになかなか上の血圧が下がらない。その理由を専門家にお聞きしたところ、高血圧を放置していたことに端を発していることが分かりました。具体的にはどういうことなのでしょうか?

30代男性からの相談:「上の血圧が下がらない原因はなんでしょうか?」

現在高血圧の治療をしています。
投薬治療でディオバンという薬を服用していますが、服用前血圧が上160下100でした。投薬を始めたところ下の血圧は80に下がりましたが、上の血圧はバラツキがあり低い値が出ることもあります。平均しますと150でさほど投薬前と変わっておりません。
下の血圧が下がって上の血圧が下がらない理由は何か考えられますでしょうか? この機会に専門家の方のご意見をお聞きし参考にしたいと思います。

似た質問もチェックしてみましょう

>>下の血圧だけが高い…いったい身体にどんな問題が?

なぜ高血圧を放置していると血圧が下がりにくくなるのか

高血圧を放置していると血圧が下がりにくいといいます。なぜなのでしょうか。専門家に上の血圧が下がらない原因についてお答え頂きました。

血圧が全く下がっていないわけではないので、治療の効果は現れていると思います。肥満体型や減塩などの対策をしていない場合、思ったように血圧が改善されない理由の1つとして考えられます。(看護師)
長い間高血圧を放置していると動脈硬化が進むため、血圧が下がりにくいというのがあります。(看護師)
血管が硬くなってきている時には、上の血圧が上がってしまうことがあります。相談者さんがいつから治療をし始めたのかわかりませんが、血圧を下げるには長期間の治療が必要です。下の血圧が下がってきているからといって上もすぐに下がるわけではありません。(看護師)
上の血圧は、心臓が収縮し心臓の中にある血液が血管に送られることによってできる圧力のことです。分かりやすくいえば、運動や興奮している時に心拍数が上がっているというのは、この上の血圧が上がってきているということです。(看護師)

血圧を下げていくために何をすべきか

専門家に血圧を下げるためにやるべきことをお聞きしました。

血圧は気温、ストレス、塩分濃度で変化します。ばらつきがあるのは当然なので、心配はいりません。ただ、ばらつきが高い時が多くなると問題になります。現在の薬では抑えきれないということになります。(看護師)
降圧目標は125/80以下になっていますが、急に下げずに徐々に下げるようになっています。投薬治療だけでなく、食事や生活習慣の改善も行っていくようにしてください。(看護師)
これ以上、血圧を上げないようにして、動脈硬化の進行を予防することが大切になります。(看護師)
徐々に血圧を下げなければ、身体がついていけず、体調が悪くなってしまいます。また、薬だけで治そうと思うのではなく食生活や日常生活など自分の環境も見直し、規則正しくしなくてはいけません。(看護師)

高血圧を改善するための薬を飲むことで、すぐに血圧が正常化すると考えていませんか? 急激な変化は身体にとっては非常に負担のかかるもの。長い期間かけて高血圧になったということは、やはり長い期間をかけて血圧を下げなけれならないということ。これまでの生活習慣が今の高血圧を生み出したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加