健康

2017/02/24

視界に入る黒い点…日常生活で飛蚊症を改善するためには?

視界に入る黒い点…日常生活で飛蚊症を改善するためには?

視界の中に影がちらつく飛蚊症。今では年齢に関係なく発症するものとなっています。飛蚊症の治療はいくつかあるようですが、日常生活でできることで飛蚊症を改善させることはできるのでしょうか。専門家に聞きました。

20代男性からの相談:「日常生活でできることで飛蚊症を治すことはできますか?」

数年前から黒い点のようなものが動いているように見えるので困っています。
インターネットで調べてみると、飛蚊症という症状が当てはまります。特に昼間の外出時に現れることが多く、意識をしてしまうので仕事に集中できません。
レーザー治療や外科の手術などで治すことができるそうですが、とても怖いのでやりたくはありません。できれば食事の改善や運動など、日常生活の改善から治すことは可能でしょうか。教えていただければ嬉しいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>まだ若いのに飛蚊症…なぜ?

飛蚊症を日常生活から改善するには何をすればいい?

専門家に飛蚊症を日常生活から改善できるのかお聞きしました。また、具体的にどのようなことをすればいいのかということを飛蚊症の種類や原因などを絡めて解説していただきました。

飛蚊症が起こる原因としては、老化やストレスなどの生理的飛蚊症ということが多いです。飛蚊症の場合、適切な治療が定まっていないので、どのような治療をされるのかは眼科によって変わります。(看護師)
飛蚊症にも種類があります。目の中の水に浮遊物が浮いている場合に起きる飛蚊症と網膜の悪化でおきる飛蚊症です。(看護師)
改善法としては、まずはストレス改善させたり生活習慣を規則正しくしたりするといいです。その他、サプリメントを摂取する人もいます。(看護師)
目の中の水に浮遊物として浮いている場合の飛蚊症の場合は、日常生活で改善されることがあります。目の中は、水になっているのでしっかりと入れ替えることが大切です。その役割を持っているのが涙です。目ヤニがでているなら治療する。紫外線を浴びないようにする。目薬で改善する方法があります。(看護師)
他にも、しっかりと水分をとることも大切になります。食生活でも、脂質が多いものは炎症や体内の循環を悪くするために改善が乏しくなります。食生活を見直すことと運動で血流をよくして目に栄養が行きやすいようにすることが大切です。(看護師)

日常生活を改善しても飛蚊症が治らなかったら…

もし生活習慣を改善しても飛蚊症が治らなかったら? 専門家に聞きました。

実際の病名は断言できませんが、質問の内容からは相談者さんがおっしゃっているように、たぶん飛蚊症だと思います。仕事に集中できないくらい日常生活に影響があるようなので辛いと思います。(看護師)
網膜で起きる飛蚊症は、レーザーや手術が必要となり自己にて治すには難しいでしょう。悪化させないことが最重要となります。(看護師)
日常生活を改善しても、症状が治らない場合には眼科で相談した方がいいです。眼の状態にもよりますが、すぐにレーザー治療をすることはないと思います。(看護師)

視界に異常が現われる飛蚊症は無視できないもの。要因は様々ありますが、飛蚊症のタイプによっては治療法が異なるようです。まずは、自分でできる対処法を試して、効果が見られないようであれば医療機関を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加