肌に虫が這うような感覚が…この症状はいったいなに?

  • 作成日:2017.02.22
  • 更新日:2017.08.10
健康

肌に虫が這うような感覚がして手で払っても何もいない。相談者さんが悩まされている症状です。この症状はいったい何が原因で起こっているのでしょうか。考えられる病気について専門家にお聞きしました。

スポンサーリンク

40代男性からの相談:「皮膚を虫が這うような感覚に襲われます」

近年皮膚の感覚異常と思われる事象に少々手を焼いています。それは例えるなら皮膚の上を虫が這っているようななんとも気持ち悪い感覚です。
私の部屋は少々手狭で書籍やスクラッチブックが平置きでなおかつ重ねて置くので正直いいまして小奇麗というほどにはなっていないので今回の奇妙な状況は精神的な疲労で幻触のようなものなのかと不安になります。
なぜなら虫が肌を這っているのかと思い手でその箇所を叩いても虫がいたということは一度くらいです。その一度は蚊であったので納得がいきますが、それ以外は全く何もいないのです。
ダニやノミですと噛まれると特有の傷が残るといいますし同居している家族からはそのようなものに噛まれたという話を聞きません。こういう症状を説明できないのでとても不安に思います。何か判ると助かります。

肌が虫を這う感覚の正体とは?

相談者さんが悩まされているという肌の違和感。この正体について最も考えられる可能性について専門家に解説していただきました。

手で虫を払いのけたのは身体のどの部分なのでしょうか? 虫が這うような感覚が、ふくらはぎなど下腿であれば、むずむず脚症候群かもしれません。(看護師)
症状は足の内部に痛がゆい、火照る、虫が這うような感じがする、皮膚がむずむずする、といったことであり、病態としては脳内のドーパミン不足ではといわれています。原因が不明の場合と遺伝的要因などがあります。(看護師)
むずむず足症候群は、脳内のドーパミン不足が原因で、安静時に皮膚の異常感覚が起こる病気です。下半身の症状を訴える方が多いですが、人によっては、手や背中など足以外の部分の皮膚感覚異常が現れることもあります。(医師)
ただ、日本でも患者さんが少ないので、診断ができる医師が少ないのが現状です。下腿の違和感であれば、事前に問い合わせの上心療内科や神経科を受診します。(看護師)
むずむず足症候群は、糖尿病や腎臓や肝臓の病気でも起こることがあります。相談者さんの場合、可能性として、むずむず足症候群が一番高いように思いますので、まずは、糖尿病等の内科的な病気がないかを調べてもらわれるのがいいかと思います。(医師)

肌が虫を這う感覚…その他に考えられる病気とは?

専門家には、むずむず足症候群の他に考えられる病気についてお答えいただきました。

背中や腕であれば脳の病変もあり得ます。ないものがあるように神経に働きかけているのです。皮膚の上を虫が這う感覚は統合失調症や精神分裂病の症状の1つで妄想でもあり得ます。自覚はしにくいので診療内科か精神神経科の受診になります。(看護師)
虫が這うような感覚が起こる病気として、統合失調症、むずむず足症候群、更年期障害があります。相談者さんの場合、虫が這うような感覚だけのようですので、妄想や幻覚幻聴を主な症状とする統合失調症は否定的かと思います。(医師)
更年期障害は、40~50代にかけて男性ホルモンの低下により自律神経のバランスが崩れて、気分が憂鬱であったり、何もする気になれず体がだるく感じたり、頭痛やめまい等の症状が一般的には起こりますが、虫が這うような感覚という幻触が起こることもあります。(医師)

異常な感覚に襲われ、その原因が分からないというのは大きな不安材料です。今回専門家から挙げられたのは、むずむず足症候群や更年期障害など様々。その原因を検査によって明らかにするだけでも、精神的な負担は軽減されるかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。