高血圧が引き起こす恐ろしい5つの病気とは?

  • 作成日:2017.02.22
  • 更新日:2017.09.21
健康

日本人は世界的に見ても高血圧と推定される人が多い国の一つで、3人に1人が高血圧とされています。

しかし、高血圧自体には痛みなどの自覚症状がないために、脳梗塞や心筋梗塞などを誘発して手遅れになってから初めて自分が高血圧だったと気がつくことが多く、サイレントキラーとも称されます。

この記事を読んでいるあなたも、実はひそかに高血圧が進行しているかもしれません。

スポンサーリンク

高血圧ってそもそも何?

それではどのような人が高血圧に該当するのでしょうか。日本でよく基準にされているのは、医療機関で測定した最高血圧が140mmHg、最低血圧90mmHgを超える人です。家庭などの血圧計で計る場合は最高血圧135mmHg、最低血圧85mmHgが基準となります。

なぜ、最高血圧と最低血圧が基準を超えると注意が必要になるのでしょうか? 血圧が高いという事は、つまり血液に通常の人よりも過剰な負担がかかっているということです。心臓は無理をして血液を全身に送ろうとし、脳の血管が圧力に耐えきれなくなって破裂してしまったりと、体に様々な器官に悪影響を及ぼします。

また、高血圧症に陥った体は強すぎる血流の圧力に耐えるために血管の外側の壁が厚くなり、血液が流れる部分が狭くなる動脈硬化を引き起こし、余計に血圧が高くなる悪循環に陥っていきます。

高血圧が引き起こす病気

高血圧の人は全身の至る所の血管に過度な負担がかかるため、様々な病気の発症リスクが高くなります。代表的なものだけでも脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・腎不全などが挙げられます。

どの病気も重篤化すると死に至る可能性がある恐ろしいものばかりですが、そのいずれもが症状が極端に悪化しないと自覚症状が現れにくいです。

1、脳梗塞

脳の血管が何らかの理由で詰まってしまったり、あるいは切れてしまう事によって起こるのが脳卒中です。その脳卒中の中でも、血管が詰まってしまう事によって発症するのが脳梗塞です。

日本では毎年10万人以上が脳梗塞によって亡くなっており、仮に死に至らなくても脳の細胞に致命的なダメージを与えるため、言語や身体機能に大きな障害が残ってしまうとても怖い病気です。

2、脳出血

脳出血も脳卒中の一種とされ、脳の血管が破れてしまい、大量の血液が脳の中に流れ出して留まった状態をいいます。血液が詰まってしまい脳の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなって発症するのが脳梗塞、血管が破れてしまい脳内出血によって脳の細胞が死に絶えてしまうのが脳出血です。

高コレステロールやメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を抱えている人は、流れている血液がドロドロになって血液を詰まらせやすい状態にあります。

そういった状況でさらに血圧が高い状態が続くと、より血管が詰まったり切れてしまう可能性が高まります。
高血圧+生活習慣病という状態にある人が脳梗塞や脳出血をより発症しやすいといえるでしょう。

3、心筋梗塞

心筋梗塞とは、心臓自体に血液を供給する冠動脈が詰まってしまい、全身から循環してきた血液が心臓に戻らなくなり心臓自体を動かす筋肉である心筋が死んでしまう病気です。

近年は心臓治療技術が高まってきたために以前ほど致命的な病気ではなくなりましたが、脳梗塞や脳出血と同様に一度発症すると死に至りやすい病気の一つです。

4、腎不全

腎臓の機能が極端に低下した状態が腎不全です。もともと腎臓の機能が若干低下していた時に、何らかの治療薬や感染症の発症、または交通事故などで筋肉に急激な力が加わるなどの原因で急激に腎臓の機能が低下してしまうことを急性腎不全と呼びます。

それに対して、高血圧や糖尿病で徐々に腎臓機能が低下してしまった場合は慢性腎不全と呼びます。

尿が少なくなるなどの予兆もありますが、基本的に自覚症状が現れにくいのが特徴です。そのため発症してから初めて腎臓の機能低下に気づく事が多く、また、腎臓の機能はいったん低下してしまうと戻らないために手遅れになりやすい傾向にあります。

脳梗塞や心筋梗塞ほどすぐ死に直結する症状ではありませんが、慢性腎不全も末期になると生涯にわたって人工透析が必要になるなど、生活が大きく制限されてしまいます。

5、眼底出血

眼底出血は高血圧が引き起こす病の中でもわりと知名度が低いかもしれません。

眼底とは目の奥側の事で、高血圧や糖尿病が原因でまれにこの部分から出血することがあります。眼底出血が起こると視野が狭まったり歪みを引き起こし、症状が進行すると失明を起こすケースも。

直接的に命に関わるわけではありませんが、人間の五感の中でも視覚は生活の質に非常に大きく関わるものです。
視力が非常に悪くなる事で、自分1人では生活する事が困難になるなど悪影響を及ぼします。

高血圧の対処法

高血圧を予防したり改善するための対処法はあるのでしょうか? ストレスや喫煙で血圧が上がることもありますが、圧倒的に多い原因としては肥満・塩分過多の2つです。

肥満になると体全体の細胞量が増え、血管の総距離も伸びるために全身に血液を巡らすために心臓が頑張って仕事をしなくてはなりません。そのため必然的に高血圧になりやすくなります。

近年の食習慣の欧米化によって日本でも肥満の割合が増え、それが原因で高血圧になる人が後を絶ちません。適度な運動を心がけつつも、体重を落とすのに一番効果的なのは食事制限です。日々の食べ過ぎに注意してカロリー管理をするようにしましょう。

また、肥満以上に日本人特有の高血圧の原因が塩分過多です。塩分が過剰に多くなりすぎると血液中の水分の量が増えるため血液量全体も増えます。それに伴い心臓の仕事量も合わせて増えるために血圧が高くなる傾向にあるのです。

ヘルシーと世界中から賞賛される和食を食べている日本人ですが、意外にも他の国に比べて格段に高塩分な食生活を送っていることをご存知でしょうか。味噌や醤油など和食特有の大豆製品は非常に塩分が多く含まれているため、毎日みそ汁を飲むような人は塩分が多くなりすぎてしまうのです。

塩分が多めに含まれている食品をまずは把握する事が塩分過多を引き起こさない第一歩です。

まとめ

高血圧はそれ自体が怖いわけではなく、脳梗塞や心筋梗塞など一度起きると死に至る恐れがある致命的な病気を誘発するために怖い状態という事をまずはしっかりと自覚しましょう。血圧が高いのは体質だから、と言い訳をして高血圧な状態を放置している人が多く見られます。

高血圧は治そうと思ってすぐに治せるような物ではありません。食習慣を改善して体重を落としながら、塩分の摂取も控える。そして同時に適度な運動を心がける。このように地道な生活習慣の積み重ねを継続していかなくてはいけません。

規則正しい生活をするのは簡単なようで難しいものですが、手遅れになってから後悔する前に危機感を持って生活を立て直していきましょう。

【9月最新】健康促進サプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!