健康

2017/02/22

健康診断を受ける頻度はどのくらいがいいのか専門家が教えます!

健康診断を受ける頻度はどのくらいがいいのか専門家が教えます!

健康診断を受けるペースはどれくらいがベストなのでしょうか。一般的には会社が実施をすすめる健康診断を年に1回受ける人が多いでしょう。しかし、健康が気になる人はもっとこまめに健診を受ける必要があるのでしょうか。

30代男性からの相談:「健康診断はどれくらいのペースで受けるべき?」

健康診断を定期的に受けるべきか、受けるとしたら頻度はどのくらいがいいのかが分かりません。
20代までは健康を気にせず、好き放題に生きてきました。しかし、30代になってから周囲で病気になる人が現れてきたため、健康について意識するようになりました。
普段の食生活等を変えて健康に配慮するようになりましたが、病院での健康診断については未実施です。周囲の人も健康診断に行かないため、感覚が分かりません。ご教授頂きたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>家だと普通なのに病院で測ると血圧が高くなるのはなぜ?

健康診断を受ける頻度はどれくらいがいいのか

専門家に健康診断を受ける頻度についてお聞きしました。

30代を過ぎると体調や体系の変化が大きく変化してくるので、病気のリスクも高くなります。そのため、健康診断を定期的に行っておくことはとても大切です。今、何かお困りの症状がないのであれば、まずは1年に1回のペースで健康診断を行うようにしてみてはどうでしょうか。(看護師)
健康診断は普段自分では見つけられない身体の異常を調べるためのもので、健康診断でがんの早期発見をする人が30代でも増加傾向にあります。そのため、健康診断をする意識を持つことはとても大切な事なので、長期的に継続して行えるように、毎年何月頃に行うなどを決めておいてもいいかもしれませんね。(看護師)

健康診断を受ける時に考えておくべきこと

専門家に健康診断を受ける時に押さえておくべきポイントについて教えていただきました。

大体30代で健康診断で来られる人には、何も持病がない人には1年に1回の健康診断をおすすめしている病院やクリニックが多いです。その健康診断によって、異常な値や定期的に病院での検査が必要であれば、医師から指導が入るとおもいますので、先生の指示に従って検査、治療を行うことが一番いい選択かと思います。(看護師)
健康診断もいろんな病院やクリニックで行っていますが、何かあった時のかかりつけとしても、クリニックでもいいので、普段診療しやすい所を選んで受診することをおすすめします。(看護師)
会社で行われる健康診断は、細かい項目までは行っていません。会社の健康診断の胸部のレントゲンだけでは、肺がんが見落とされる場合もあります。(看護師)
会社の健康診断では、採血でも腎機能、脂質代謝異常、肝機能、糖尿病などの疑いは分かります。血管年齢や癌があるかどうかまでは、分かりません。心電図も安静時のみなので、労作時に異常が出る人の診断はできません。(看護師)
これらを詳しく調べようと思うと人間ドックやがん検診が必要になります。会社の健康診断にプラスして年に1回受けて頂くのがおすすめです。(看護師)
検査の内容によって日帰りから1、2泊しなければできないものがあります。会社の健康診断で異常がある場合は、心配なのでいろいろ検査してくださいと受診時に申し出れば、検査してくれます。(看護師)

年齢を重ねるにつれ、健康意識は高まっていきます。健康診断は年に1回受けるのが基本的なスタンスだと専門家はいいます。あとは医療機関で相談の上、どのような健診を受けるのかを決めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加