がん予防には健康診断はもちろんだが○○に注意すること!

  • 作成日:2017.02.20
  • 更新日:2017.02.17
健康

がんは死亡原因の上位にあります。また、がんというと不治の病というイメージもあり、インターネットでは様々な情報が入り乱れています。そこで、専門家にがんの予防法についてお聞きしました。

30代男性からの相談:「簡単にできるがんの予防法はありますか?」

私のまわりにはがんで闘病中の方がいます。その方はがんの摘出手術をして抗がん剤の治療を行っていますが私も他人事ではなく、いつがんになるのかわからないので積極的に各種がん検診を行っています。
早期発見を心がけるのはもちろんですが、がんの予防法はあまり見聞きしないように思います。何か食事法や運動法、それ以外でもいいですが簡単にできるがんの予防法はないものなのでしょうか?
あるならぜひ実践したいので教えていただきたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>血便は大腸がんの予兆なのか?

がんを予防するための対策とは?

専門家にがんを予防する方法をお聞きしました。

一番の予防法は、定期的に健康診断を受けて、自分の身体を知り、メンテナンスすることです。がんは早期発見できれば治ることも多くなりましたし、早期発見できた人の多くは健康診断などを受けた結果です。(看護師)
規則正しくストレスフリーな生活と食事と適度な運動は全ての病気の予防に繋がります。また、日頃から自分の身体の状態をよく観察し、いつもと違う様子が見られたら、早めに医療機関に行くようにしましょう。(看護師)
予防ですが、生活習慣を整えてストレスをなくしていく方法と、代謝と免疫を上げていく方法です。(医師)
また、ご自身ではできませんが、頭蓋仙骨療法が最近あります。体の髄液の循環を良くして免疫を上げる方法です。現在女性で子宮がんや乳がんの方が受診されています。(医師)
がんの研究は日々進化していますが、まだまだ分からないことも多く、予防や治療については不明確な情報もたくさん出回っているため注意が必要です。インターネットなどで「これを食べればがんにならない」などといわれていたりしますが、根拠に乏しい情報も多いです。(看護師)

がんは遺伝に注意

がんは遺伝します。がんを患う家系の人の場合は、予防法をしっかりとやっていくことでがんのリスクを下げることもできるようになるかもしれません。

がんは遺伝性によるものが大半を占めています。ご家族親類の方でがんで亡くなられた方がおられましたら、がんになる可能性はあります。(医師)
特に両親、兄弟姉妹、祖父母にがんの人がいる場合には、遺伝的にがんになるリスクが高いといわれているため、注意しましょう。(看護師)
がん細胞は外部から侵入をして作り出されるのではなく。ご自身の身体にある細胞が他の細胞と結合して新しい細胞として生まれてきたのが陰性細胞です。(医師)
中には陽性細胞として逆に体を治していく細胞もあります。その細胞を活性化させて悪い細胞を食べて死滅することでがんをなくすことができます。(医師)

インターネットでがんの予防法について調べると、様々な情報を入り乱れています。それぞれが信じたい情報を掲げ、一種の進行のようにもなっているのが現状。まずは、専門家による情報を取り入れていくようにしましょう。また、定期的な健康診断を受けることが大切です。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!