健康

2014/12/19

なんとかしたいフケ、痒み…シャンプー選びのポイントは?

なんとかしたいフケ、痒み…シャンプー選びのポイントは?

清潔感を一瞬にして損ねる肩のフケ…今回は、頭皮の痒みから無意識に頭を触ってしまい、フケに悩んでいるという男性からの質問です。

40代男性からの相談:「フケや痒みが出るのはシャンプーが原因か」

肩にフケが付着していることが多いです。頭皮が痒くなることがあり、無意識のうちに頭を触っているのが原因でした。なるべくこのフケと痒みを抑えたいのですが、シャンプーはどんなものを選ぶべきでしょうか。

汚れは落としつつ、乾燥を防ぐシャンプー選びを。

フケや痒みは、頭皮の汚れと乾燥によって生じるようです。汚れはきちんと落としつつ、頭皮の乾燥を防ぐ、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶのがおすすめとのこと。

男性は頭皮に油の塊である汚れがつきやすく、落ちにくいため、角質の汚れをきれいに落として乾燥を防ぐことが大事になります。頭皮全体を見ると汚れていた部分が乾燥で塊となり、簡単に剥がれ落ちる状態になっていると肌は常にストレスにさらされ、痒みを伴う頭皮湿疹を起こすのです。(看護師)
そのような時には男性用シャンプーよりもメリットなど女性や子供も使用できるようなシャンプーが意外にも効果的です。痒みが落ち着き、乾燥も落ち着いたらいつも使用しているシャンプーに戻しても大丈夫です。乾燥が酷いときに一時的にでも使用する事をおすすめします。(看護師)
シャンプーは低刺激のもの、アミノ酸系のシャンプーや、真菌の繁殖を抑えるものが良いと思われます。(看護師)

洗髪の仕方や食事からの対策も。

フケや痒みの一因は、洗髪の仕方や頭皮の栄養不足にもあるといいます。頭皮にやさしいシャンプーを使う以外にも、洗髪方法や食事からの対策を取り入れると良いでしょう。

フケ、痒みの原因として、間違った洗髪や、頭皮に雑菌が繁殖して起こるもの、頭皮に栄養が足りていないなども考えられます。(看護師)
フケ、痒みがあるとごしごし洗いがちですが、洗いすぎは頭皮を傷つけ乾燥の原因になりますから、頭皮をやさしくマッサージするように洗ってください。(看護師)
お湯で流すだけで髪の汚れはほとんど落ちますから、シャンプーはたくさん使う必要はありません。シャンプー前は充分、お湯で流してください。(看護師)
洗った後は、シャンプーが残らないよう充分にすすいでください。シャンプーや水分が残っていると、雑菌が繁殖しやすく、フケ、痒みの原因になります。洗髪後はドライヤーでしっかり乾燥させてください。(看護師)
頭皮の血行を良くするために、頭皮マッサージするのも良いと思います。(看護師)
髪の栄養のために、タンパク質を含む豆類や大豆製品、卵、ミネラルを含む海藻類や魚類、貝類などを食べるようにすると良いでしょう。(看護師)

フケを改善するには、頭皮の汚れや乾燥を防ぐことがカギとなりますが、対策法にはシャンプー選びから洗髪の仕方、マッサージ、栄養摂取など色々あるようです。フケや痒みを引き起こす要因を見直しつつ、できることから取り入れると良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加