ハゲになってしまうNG習慣とは? 日々の生活を見直して脱ハゲしよう!

  • 作成日:2017.02.19
  • 更新日:2017.02.17
薄毛

将来ハゲたくない! そう思っている人は多くいます。では、どのようなことをしているとハゲてしまうのでしょうか。専門家に薄毛になってしまう生活習慣についてお聞きしました。

20代男性からの相談:「どんな人が薄毛になってしまうのでしょうか?」

私は現時点では特に薄毛ではないのですが、将来的に漠然とですが、薄毛になったら嫌だな、もしなったらどうしようかと思うことがあります。
そこで疑問に思ったのですが、どういった方が薄毛になるのでしょうか? もちろん遺伝的な要素もあるとは思いますが、こういった食事や生活習慣をしていると薄毛になるリスクが高まるといったことがあったらお聞かせください。
また薄毛にならないようにするために何か対策できることがあったらお聞かせください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>頭頂部の薄毛は放っておくと進行してしまいますか?

ハゲになる習慣と予防法とは?

日々の生活がハゲに繋がってしまいます。まずは、ハゲになってしまう生活習慣と予防法を抑えておきましょう。

1回の洗髪で2回もシャンプーを使ったり、夜と朝にシャンプーをしていると頭皮環境が悪化して薄毛の原因になります。シャンプーは1日1回で頭皮に優しい成分を選びましょう。(看護師)
洗髪は強くしないで優しく洗うのと、頭皮をマッサージしながら頭脂を洗い流しをして乾燥をさせてから、市販の育毛剤を少量塗りマッサージを行うことで抜け毛を抑えることができます。(医師)
脂肪の多い食事は皮脂分泌を増加させ頭皮環境が悪化して薄毛の原因になります。他にもたくさんありますが、基本は規則正しい生活習慣と栄養バランスのとれた食事を心がけることです。(看護師)
食事療法や生活習慣も大事です、まずストレスをためないで運動も行ってください。汗をかくと代謝がよくなりホルモンが分泌され頭皮にもよい環境となります。汗をかいた後は洗い流してください、ニオイの原因となりますので。(医師)
ストレスも薄毛の原因となるのでストレスを溜め込まないようにしたいものです。(看護師)

専門機関で薄毛対策を

現在では数々の薄毛治療を提供する機関があります。そうしたサービスを利用するのもいいでしょう。

薄毛になる人は、遺伝性が一番考えられます。家族親戚に薄毛の方がおらりると遺伝する可能性はあります。今のうちに頭皮チェックを行い毛穴や髪質を検査して今後薄毛になるかを診てもらうのもいいです。(医師)
どんな人でも薄毛になる可能性があります。おっしゃられるように遺伝的要素もありますし、生活習慣が悪かったり頭皮環境が悪化することでも薄毛になります。(看護師)
代表的な薄毛でもある男性型脱毛症(AGA)は特に予防法はありません。頭頂部や前頭部・こめかみ部分が薄くなってきたら病院でフィナステリドという成分の処方を受けて服用し続けることで進行を予防できます。(看護師)
今は病院でも診察されてますので行きやすいです。髪や頭皮専門の一般会社も行っていますので、気軽に受けられてもいいです。ご自分で薄毛対策もしてもよいです。(医師)

ハゲになってしまうNG習慣、あなたはいくつ当てはまっていましたか? 日々の生活を見直すことで薄毛を予防できるかもしれません。ぜひ専門家のアドバイスを参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。