健康

2017/02/19

身体の歪みを治すために必要なことは?

身体の歪みを治すために必要なことは?

身体の歪みに悩まされていませんか? 身体の歪みは日々の行動が蓄積して起こるもの。歪みが起こらないために何ができるのでしょうか。専門家に聞きました。

30代男性からの相談:「身体の歪みに合わせて作った靴を履き続けると影響はありますか?」

普段の生活から体の歪みかあり、足の裏に体重が乗る場所が均一にならず悩んでおります。
できるだけ体が歪まないように足を組んだり、片側で咀嚼して食事をする癖があるのでできるだけ両側で咀嚼するように心がけております。
また革靴は体重のかかり具合、足の形に合わせて作って頂きました。1年ほど前に作って頂いた時は歩きやすかったのですが、この革靴を履くことによりさらに体の歪みが出て足にかかる体重が変わってくることはあるのでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>横になると腰が痛むのはなぜ?

身体の歪みを改善させるのに必要なこととは?

身体の歪みを改善するために必要汚なことについて専門家にお聞きしました。

30代を超えると身体の歪みの原因は筋肉量の低下による骨の変形や劣化、身体の柔軟性の低下、運動不足、歩行しない習慣、猫背でのパソコンの作業や長時間の携帯使用、肥満で姿勢が歪み、身体が歪むことでますます歪みがひどくなる男性が増えてきているように感じます。(看護師)
身体の歪みは身体の筋肉をバランスよく鍛えることも必要です。また矯正シューズでも改善の効果はあるといいます。背骨や骨盤の歪みを矯正してくれる整骨院や整体に行かれるのもいいかと思います。(看護師)
体幹を支えるための運動や綺麗な姿勢での歩行習慣、ストレッチやヨガなどを取り入れて身体の歪みの改善を試してみてはどうでしょうか。(看護師)
整形外科でレントゲンやMRIで異常がないか診てもらうと安心です。合わない靴は歪みを助長してしまう可能性があり腰痛や体の中にも悪い影響を与えます。注意してください。自分でもできる体操などもあるので、試してみてはいかがでしょうか。(看護師)

身体の歪みに合わせて作った靴について

専門家によれば、身体の歪みに合わせて作った靴は身体の歪みにはあまり関連がないといいます。その理由はなんでしょうか。

身体の歪みに合せた靴ということですが、矯正シューズでしょうか? 矯正シューズなら問題ないと思いますが、例えば、その時の状態に合わせた靴を作っただけなら、身体の歪みは改善されません。歪みの状態が変化して歩きにくくなっている可能性があります。(看護師)
革靴が原因で身体の歪みがひどくなることはあまり考えられません。ですが、身体のサイズや足のサイズに合わせても1年も経つと靴の劣化とともに体の歪みに合わせて靴が少しずつ変形してきていることは考えられます。そうなると身体に合わない状態になっているので、身体の歪みが改善されない原因の1つにはなっているかもしれません。(看護師)

身体の歪みは健康に大きな影響を及ぼします。歪みを改善するためには日々の積み重ねが大切です。また、歪みに合わせて作った靴は、歪みを維持するような働きをしているかもしれません。歪みに合わせるというよりは、根本的な改善を目指すのが健康のためにはいいことなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加