自宅で簡単にできる知覚過敏への対処法

  • 作成日:2017.02.16
  • 更新日:2017.02.16
健康

冷たいものが歯にしみる…。辛い知覚過敏になってしまった時、どのような対処法が考えられるのでしょうか。主に、歯科医院に行く時間のない人のために自宅でできる対処法を専門家に聞きました。

20代男性からの相談:「知覚過敏を治す方法を教えて下さい」

最近、冷たいものを食べるとき知覚過敏でとても歯がしみます。そのしみるところは前歯なので最近は前歯以外のところで噛んだりしているのですが最近になってサイドの歯でもすこし染みるようになってきました。
私は虫歯の可能性もあると思い歯医者に行ったのですが虫歯はありませんでした。そう考えると知覚過敏しかないのではないかと考えました。
もし仮に知覚過敏だった場合治す方法はないのでしょうか。冷たいものは一生食べないほうがいいのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>おたふく風邪から知覚過敏になることはあるのでしょうか?

自宅でできる知覚過敏への対処法とは?

知覚過敏になってしまった時、歯科医院に行く時間がないという場合は自宅でできる対処法を試してみるといいでしょう。

相談者さんの推測される通り、その症状は知覚過敏の可能性が高いでしょう。知覚過敏の場合、その原因にもよりますが、知覚過敏専用の歯磨き粉を使用したり、歯科医院で知覚過敏に対する処置をすることも可能です。(歯科衛生士)
ご自宅でできることとすれば、知覚過敏に効果のある薬効成分を含んだ歯磨き粉がありますので、歯磨きの際にそうした製品を使うのもいいでしょう。(歯科医)
相談者さんの場合、全体的にしみる個所があるようですので、まずは市販の知覚過敏用の歯磨き粉を使用してみてはいかがでしょうか?(歯科衛生士)
知覚過敏用の歯磨き粉は1日2回以上使用して効果を感じることができるものですので、必ず2回は使用してください。また、他の歯磨き粉は使用せずに、知覚過敏用の歯磨き粉だけを使用してみてください。(歯科衛生士)
冷たいものですが、知覚過敏の症状が出ている時にはあまり刺激を与えない方がいいですので、症状が強いときには避けるようにしていただくといいと思います。(歯科衛生士)

歯科医院での知覚過敏の治療法とは?

知覚過敏になってしまったら、最善策はきちんと医師の診察を受けるということです。その際にはどのような治療が行われるのでしょうか。

冷たいものがしみると、冷たい食べ物や飲み物が摂りにくくなり、つらいですよね。しみるときに多いのが虫歯ですが、虫歯でなくてもしみる場合があります。それが知覚過敏です。正式には象牙質知覚過敏症といいます。(歯科医)
虫歯の場合は、削って詰めたり、場合によっては神経をとったりしますが、知覚過敏の場合は、そこまでのことは、ほとんど行なわれません。象牙質知覚過敏症抑制剤と呼ばれる塗り薬を歯の表面に塗って対応するのが、一般的です。(歯科医)
この知覚過敏の塗り薬は、2液を混和するタイプや、光を当てることで作用を発現するタイプ、ゲル状のタイプなど、様々な製品があります。効果については個人差があり、 一度塗っただけでしみなくなる場合もあれば、繰返し塗らなければならない場合もあります。(歯科医)
冷たいものを一生食べない方がいいなんてことはありません。知覚過敏の治療やご自身でのケアなどで改善を図り、そして治していきましょう。(歯科医)

知覚過敏は自宅でも対処できることが分かりました。しかし、自宅での対処を続けても改善が見られない場合は歯科医院を受診することをおすすめします。知覚過敏は治る症状です。諦めずにケアを続けていきましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。