髭・体毛

2017/02/16

脱毛のデメリットを教えて! 健康に害はあるの?

脱毛のデメリットを教えて! 健康に害はあるの?

脱毛を検討している人にとって、それが健康に害を及ぼすのかということは大きな関心ごとです。専門家に脱毛の際のデメリットについてお聞きしました。参考にして、注意していきましょう。

30代男性からの相談:「脱毛が健康に害を与えるのでしょうか?」

全身が剛毛で困っています。若い時は毛が薄く、特に気にしなかったのですが、年齢を重ねるに連れて毛が濃くなってきました。
仕事の関係上、様々な人と顔を合わし話す瞬間があります。その際、自身の毛の濃さが気になってしまい、自分に自信が持てず、上手く会話することができないように感じています。
そこで、全身の毛の量を減らすため、脱毛を検討しております。脱毛した場合、健康への害が無いのかがとても気になりますので、ご教示下さい。健康への大きな害がないのであれば、脱毛しようと考えています。

似た質問もチェックしてみましょう

>>エステサロンの脱毛とクリニックの脱毛、どちらがオススメ?

脱毛で起こる健康被害にはどのようなものがあるか

専門家に脱毛で引き起こされる健康被害について解説していただきました。脱毛をする場合は、参考にして注意するようにしましょう。

脱毛に関しては、大きな健康の害はないですが、注意しなくてはいけないことなど脱毛前にクリニックで説明を受けるので理解しておきましょう。(看護師)
脱毛が健康に害を与えるのは、健康面にも影響はあります。脱毛の方法で影響の出る一番の場所は皮膚です。ケロイド状になったり皮膚斑点状の発疹が出たりします。影響として薬剤が原因の一番になります。(医師)
テープなどの脱毛は軽い程度の赤みが出ますが、すぐに治まりますので影響は少ないです。ただし脱毛した時には、保湿剤を塗り保護をしてください。(医師)
薬品で脱毛する場合は皮膚から薬が浸透して健康に被害を与えることになります。1、2回ならそんなにないですが、長く続けると体調の変化が出る方もおられます。(医師)
健康診断で決液検査で異常が出て精密検査をしたら、脱毛剤の薬の影響があったということもあります。脱毛する場合は、しっかり業者を選別して行ってください。(医師)

適切な脱毛を

専門家は適切な脱毛を行うことの重要性を説いています。

剛毛は、毛が薄い人にとっては羨ましいことでも実際に剛毛の人には気になることということもあります。相談者さんのように全身が剛毛だと特にまわりの目が気になってしまう気持ちもわかります。(看護師)
対処法の1つとして脱毛があります。そして脱毛では、自分で処理する方法とクリニックで処理してもらう方法とあります。(看護師)
自分で処理をするのもいいですが、さらに剛毛になってしまったり肌を傷つけてしまったりと肌のトラブルなどが起こりやすいかもしれません。なので、専門に扱っているクリニックで適切な脱毛をしてもらうことをおすすめします。(看護師)

体毛が悩みに直結している人は少なくありません。しかも、これを1人で抱え込みがちです。そうなると、自分の身体に起こった異常を看過してしまうこともあるでしょう。少しの健康被害でも後々身体に大きな影響を与えないとも限りません。脱毛の際にはデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加