体臭

2014/12/18

体臭予防、スポーツもサプリも効果が薄い?

体臭予防、スポーツもサプリも効果が薄い?

体臭を気にしてスポーツやサプリメントを試しているものの、あまり効果が実感できず悩んでいる男性から、ほかに良い対策はないかという質問です。

40代男性からの相談:「体臭予防」

体臭が気になっています。予防のために普段から汗をかくスポーツをするようにし、体臭を抑えるサプリメントも飲んでいるのですが、あまり効果を感じられません。他に何か対策はあるのでしょうか。

スポーツは続けるのが正解。

スポーツで汗を流すのは有効的な方法ですので、継続したほうが良いでしょう。水分とミネラルをしっかり補給し、汗をかいた後は身体を清潔に保つよう心がけましょう。

スポーツで汗をかくのはいいことです。しっかり水分をとって汗をかき、汗を循環させましょう。汗をかいたら、すぐにふき取り、スポーツのあとは、シャワーで流すといいです。シャワーのあとは、頭皮、ワキの下、足のつけねなど、皮膚の重なるところはしっかり乾燥させましょう。できれば、わき毛は剃るか、短くすると通気がよくなります。(看護師)
たくさん汗をかいたら、スポーツ飲料でミネラルの補給も行ってください。(看護師)

食習慣の改善が一番の対策。

高脂肪の食事や便秘が体臭に直接影響します。飲酒や喫煙などの習慣も含め、今一度見直してみましょう。

体臭は年齢によるものも多いですが男性で一番多いのが日頃の食生活です。よく内科で働いているとベテランの医師は患者さんの汗と顔色で前日の食事を当てる先生もいます。それくらい食事は影響するのです。(看護師)
暴飲暴食やカロリーの高い油ものばかりを食べていては良い汗をかけません。また、水分・ミネラル・ビタミンが不足し、飲酒やカフェインの多い飲み物ばかり取っているとギトギトの汗しか出てこなくなり、匂いも強い物になります。 (看護師)
食事は脂肪の多いものや洋菓子、チョコレートなどの甘い物は控え、野菜、海藻類、豆類、果物など、バランスのとれた食事を心がけてください。便秘も腸内のガスを発生させ、体臭に影響します。乳製品もとって便秘を予防しましょう。(看護師)
規則的な生活をおくり、ストレスをためないようにしてください。飲酒、喫煙もやめるか、控えるようにしましょう。内臓疾患がある場合も体臭が強くなったりしますから、定期的な健診を受けたり、体調不良であれば、病院を受診してください。(看護師)

現在実行している対策も継続しつつ、食生活を中心に見直していくと良いようです。また、内臓疾患も体臭にかかわってきますから、成人病などの予防目的に加え、体臭対策の意味でもきちんと健診を受けるのが望ましいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加