ヘッドホンで難聴に…聴力を回復させるにはどうすればいいのか?

  • 作成日:2017.02.15
  • 更新日:2017.02.14
健康

ヘッドホンやイヤホンを使う人は多いでしょう。携帯型のオーディオプレーヤーが登場して以来、多くの人が耳を酷使するようになってきました。このところ耳が聞こえづらいと悩んでいる人のために、聴力を回復させるトレーニングについて専門家に聞きました。

30代男性からの相談:「聴力回復トレーニングはありますか?」

私は仕事柄、スカイプなどで通話会議を行う時間がとても長くて長時間ヘッドセットを着用して仕事をしています。その影響か最近になって耳が遠くなってきたような気がしています。
自宅でテレビを観ている時も少し音が聞きづらくて音量を上げるといったことが多くなってきました。そのため、このままではどんどん聴力が弱っていくのではないかと不安に思っています。
もし聴力を回復させることができるようなトレーニング方法などがあれば、ぜひ教えて頂けないでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>手軽にできる視力回復法はありますか?

聴力を回復させる方法とは?

専門家に聴力を回復させる方法についてお聞きしました。中には、簡単にできる方法もあり、自分に合った方法を選ぶことができそうです。

改善させる方法は、ヘッドホンを使わないがありますが、仕事上難しいと思われます。他には、細かい音を聞く練習があります。これは、脳トレの一環で脳の聞こえるものを判断する能力を上げることで聴力が回復するといわれています。(看護師)
トレーニング方法としては、相手と対話を頻繁に行い言葉を聞き話すことがトレーニングになります。(医師)
他にも聴力回復CDといわれるものがあります。これは、実際にリハビリ病院で使用されているそうです。これでも改善しない場合には、補聴器の使用が考慮されます。(看護師)
聴力回復には、薬物療法・手術・機械があります。薬物はお薬を飲んで聴力を回復させる方法が一般的ですが、現在どの程度聴力が弱っているかを病院で受診をおすすめいたします。(医師)

ヘッドホンが難聴の原因になっている?

ヘッドホンが難聴の原因になっているのでしょうか。専門家に解説していただきました。

若年性難聴が多く発生をしております、イヤホンで大きな音を聞いていると難聴になることや鼓膜が破れることもあります。仕事でヘッドセットをしておられるのであればできるだけ、スピーカーで聞くようにして耳に負担をかけないようにしてください。(医師)
ヘッドホン難聴といわれている種類になります。大音量でヘッドホンを聞いてしまうと神経が麻痺をしてしまい聞こえが悪くなります。ヘッドホン以外にも加齢による聴力の低下も考えられます。(看護師)
鼓膜が破れると現在は最先端医療で鼓膜再生術で治ることもあります。世界では2ヵ所で行い手術は1ヵ所です。保険適用がなく自費診療です。(医師)
最後に、稀ではありますが、耳垢が詰まっている場合があります。耳掃除で改善することもあります。(看護師)

ヘッドホンは難聴の原因になりえます。ただ、業務上どうしても使わなければならない場合は、自分でできるトレーニングで聴力の低下を防ぎましょう。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!