陰茎

2017/02/18

早漏がコンプレックスです! 克服する方法はあるのでしょうか?

早漏がコンプレックスです! 克服する方法はあるのでしょうか?

いざセックスに臨もうという時に、2分と持たずに果ててしまう…。早漏の悩みはパートナーに嫌な思いをさせているのではとストレスを抱え込んでしまうことにも繋がります。医師は早漏を治すのに2つの方法があるといいます。

30代男性からの相談:「早漏を治す方法はありますか?」

年々射精までが速くなっているので、射精までをもう少し持たせたいのですがいい方法はないでしょうか?
以前から多分他の人と話をしていると自分は少し早いのかなと思う時があったのですが、最近は2分と持たない時があります。
以前に比べ固さもなくなってきたように感じますし、少しでも持たせたいと思っています。以前にサプリメントなんかを試した時はありましたが、実際効果は感じられませんでした。
鍛える方法とかがあれば知りたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>早漏であることで性行が怖く感じてしまいます

早漏を治す2つの方法

医師に早漏を改善するための方法をお聞きしました。すると、早漏を改善するためには、2つの方法が考えられるとのことです。

早漏を治す方法についてですが、早漏の治し方は2つの考え方があります。1つ目は薬物療法です、薬を使って行う方法で亀頭部にリドカインゼリーを塗ることで麻酔効果があり、刺激を抑える方法があります。(医師)
飲み薬としてはダボキセチン薬があります。うつ病の治療薬ですが、早漏に効果があることがわかっています。ただし、副作用があります、下痢、嘔吐、吐き気、めまい、頭痛の症状が出ます。日本国内での認可はされておらず個人輸入になります。(医師)
亀頭部に薬を注入する手術もありますが、効果は半年ぐらいでなくなります。妊娠を希望される場合はおすすめいたしません。(医師)
2つ目は代謝療法です。イク寸前にペニスを手で強く握り、射精を止める方法です。タイミングが難しいですが、これを繰り返して覚えていくと少しですが早漏の予防となります。医学的に根拠はありませんが、試してみてください。(医師)

生活習慣からも早漏を改善させることができる

専門家によれば、早漏は生活習慣を見直すことでも改善できるかもしれないといいます。

早漏は、早く射精してしまうと時間が問題だと考えてしまいがちです。確かに、それも問題ではありますが、実際はそれだけではなく、自分で射精のコントロールができないことも問題に挙げられます。(看護師)
病院で治療をする時にはコントロールができるような治療法を行ったり、漢方などの薬を飲んだりします。その他には、血行が悪いことも原因の1つなので、生活習慣を改善することでよくなります。(看護師)
相談者さんが以前にサプリメントをどれほどの期間飲んでいたのかわかりませんが、もしかすると飲んでいたサプリメントが合わなかったのかもしれません。病院に行くと、自分に合った治療をすすめてくれるので一度診てもらった方がいいかもしれません。(看護師)

早漏でパートナーに申し訳ない思いを抱いてしまっている人にとって、どうしても改善したい問題です。しかし、誤った方法で改善しようとするのは危険を伴いますので、医師の指示のもとに改善を進めていくのが最善の手段だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加