薄毛

2014/12/17

植毛のデメリットはどんなことが考えられるのか?

植毛のデメリットはどんなことが考えられるのか?

植毛は日本ではあまり浸透していませんが、海外では薄毛治療として積極的に取り入れている国もあるようです。髪を増やす方法として抜本的な解決が期待できそうですが、植毛自体のデメリットはどんなことが考えられるでしょうか。

40代男性からの相談:「植毛のデメリットって何ですか?」

相談者は植毛を検討していますが、1回の価格よりもメンテナンスや劣化などを不安に思っています。

植毛のデメリットを教えてください。価格が高いのは構わないのですが、例えばメンテナンスですごくお金が掛かったり、一部の人には合わず直ぐに植毛が劣化してくるなど・・・。クリニックなども良いところをメインに伝えてくるので、あまり鵜呑みにするのも不安です。

植毛後は通院が必要に。自毛植毛の場合は術後が安定しているとの声も。

植毛にもいくつか種類がありますが、ひとまず術後の通院は欠かせないようです。また自毛植毛の場合は、術後のメンテナンスなども少なく安定しているとの声もあります。

植毛には、自分の髪を移植する自毛植毛と人工の髪の毛を移植する人工植毛があります。また、どちらも頭皮のつっぱり感や痛み、少量の出血がみられることもあるようです。術後すぐには、通院が必要なようです。(看護師)
自毛植毛の場合は、長期にわたってのメンテナンスは必要なく、移植した髪の毛が定着すると、半永久的に生えてくるようです。(看護師)

一部からは不安な声も。人工植毛には拒絶反応もあり。

手術ということで手放しに安心してよいというわけではなさそうです。植毛後に黒く変色したり、植毛が落ち着かず何度も繰り返す人もいるようです。個人差の問題もありますが、なるべく手術前に術後のフォローを確認しておきましょう。

植毛は今ある根毛に無理やり毛を入れるものです。隙間が空いている人の根毛ならいいのですが、隙間が無い人では根毛が傷つき、気づかないうちに周りの皮膚が硬く、黒く変色するといったトラブルもあるようです。(看護師)
人工の髪の毛を移植する場合は、アレルギーを起こしたり、かぶれたり、かゆみが生じるなど拒絶反応が起こることがあります。(看護師)
皮膚が敏感な場所ですので結局植毛が落ち着かずに何回も植毛を繰り返す人もいるようです。植毛後のフォローもきちんと聞いておいた方がいいと思います。(看護師)

植毛には術後の影響が一定あることを理解して検討したいですね。特に術後が安定せず、何度も繰り返し植毛しなければならなくなるケースもあるそうです。当初想定していたよりも費用が掛かってしまう可能性も否めません。お金の問題以外でも拒絶反応や頭皮の変色など身体への影響も考え、よくクリニックで先生の話を聞いたうえで手術を検討しましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加