物忘れを悪化させないための対策とは?

  • 作成日:2017.02.13
  • 更新日:2017.02.13
健康

最近、物忘れがひどくなっていませんか? 若い頃と比べると、記憶力も低下してきて、認知症なのではと不安になってしまうこともあるでしょう。物忘れを少なくするために脳を鍛えるには? 専門家が答えます。

30代男性からの相談:「若い頃に比べて記憶力が落ちています。改善法はありますか?」

最近年齢のせいか記憶力の衰えが感じられてきて困っています。
若い頃は仕事で頼まれたことは忘れずに実行できていたのですが、現在ではうっかり忘れてしまって怒られることもよくあります。仕事中もトイレのついでにコーヒーを買ってこようと思っても、トイレが済んだらコーヒーのことはすっかり頭になくてそのまま自席に戻ってしまうようなことも多いです。
このまま記憶力が低下していったらと考えるとちょっと恐怖を感じていますので、記憶力の低下を抑えるトレーニング方法などがありましたらぜひ教えて頂けないでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>どんな症状があれば若年性認知症を疑う必要がありますか?

物忘れを予防する脳の鍛え方を専門家が紹介

物忘れがひどくならないよう、脳を鍛える方法を専門家に聞きました。すると、人生を大いに楽しむことが大切なのでは、ということが見えてきました。

トレーニング方法としては、脳トレをするといいです。脳トレの内容としては最近では、スマホやパソコンで文を書くことが多いですが、ペンを持って紙に書いたり、細かい物などをして指先を動かしたり運動や食生活の改善、睡眠をしっかりとったりすることがいいです。(看護師)
仕事以外にも休日を大いに楽しんでいる人の方が、脳の老化防止にはいいといいます。仕事だけだと使われる脳が限られてしまいます。疲れたり、ストレスが溜まっていると集中力も低下し、記憶力も低下します。十分な睡眠やストレスと上手に付き合うことも大切です。(看護師)
脳の活性化には、右と左の手を別々に動かす作業や同時に2つのことを考えていく作業が有効だといわれています。楽器、料理などです。(看護師)

>>若年性認知症の予兆とはどんなもの?

なぜ物忘れが起こるの?

物忘れはなぜ起こるのでしょうか。その原因として考えられることを専門家に伺いました。

年齢を重ねると記憶力は低下してきますが、最近では若い人でも記憶力の低下が増えてきています。なので、年齢だけが原因とは言い切れません。(看護師)
記憶力が低下してしまうその他の原因としては、睡眠不足や栄養の偏りなど食生活の乱れだったり、ストレスやアルコールの飲みすぎや時間短縮のために物事を同時進行させてしまったりすることなども挙げられます。(看護師)
人間の体は20代をピークに徐々に衰えていきます。脳の機能も衰えていくので記憶力も衰えていきます。仕事のことは覚えていても他のことは忘れてしまうのは、仕事に集中しているからではないでしょうか。(看護師)
重要性の高いものは、意識して記憶しますが、重要性を感じていないものは忘れやすくなります。
(看護師)

物忘れがひどいと、病気なのではと考えてしまいます。しかし、様々なことをして人生を楽しむという姿勢こそが脳を鍛えているのだといえそうです。無駄なことはしない、ではなく、その無駄も楽しんでいくという心が脳を助けるのかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。