射精量が少なくても妊娠できるの?

  • 作成日:2017.02.08
  • 更新日:2017.09.20
男性不妊

妊娠するのに射精量は大切なのか。今回の相談者さんは少しの射精量でも妊娠ができるのかと気になっているようです。専門家に、妊娠に大切なことはなんなのか、お聞きしました。

30代男性からの相談:「少しの精子しか出ないと妊娠しづらくなってしまうのでしょうか?」

私は性行為をしたり、自慰をするときに1回目の射精ではたくさん精子を出すことができるのですが、2回目以降の射精になると1回目の射精から2時間以上時間を空けなければ勃起もせず満足に射精をすることができません。
また2回目の射精の時の精子の量はほんの少ししか出なくてとても心配です。
妻と子供を作るために性行為をする時に2回目のわずかばかりの精子の量でも着床することはあるのでしょうか? 教えていただきたいと思います。

似た質問もチェックしてみましょう

>>射精の勢いは男性不妊の原因になりますか?

妊娠するために大切なのは量なのか?

専門家に射精量と妊娠の関係について聞きました。果たして妊娠に必要なのは何なのでしょうか。

精液の中には精子だけが含まれているわけではないため、精子の数は見た目だけでは分かりません。ですので、精液量が十分にある人の場合でも、全く精子のいない無精子症、精子の少ない乏精子症などのこともあります。それは精液検査を受けてみないと分かりませんので、妊娠を試みても半年から1年以上妊娠しない場合には夫婦で不妊検査を受けたほうがいいでしょう。(看護師)
夫婦ともに不妊の原因がなければ、妊娠するための性行為は2回連続でなくても十分に妊娠可能です。しかし、2回連続の射精の場合、2回目の精子数は減りますので、妊娠の可能性を高めるためには性行為直前の射精は控えたほうがいいでしょう。(看護師)
妊娠するのに大切なのは、回数ではなくタイミングです。排卵日に合わせて性行為を取ることが妊娠の可能性を高めます。(看護師)

2回目の射精で精子の質が変わる? イギリスでの比較検査の結果

専門家からはイギリスで行われた比較検査についてお聞きすることができました。それによれば、2回目の射精では精子の質が変わるといいます。

一般的には1回目の射精のほうが精子が多く、2回目のほうが少ないように考えられがちですが、実際にはそうではないという比較検査がイギリスの国立大学、ミドルセックス大学付属ノース・ミドルセックス病院で発表されました。(看護師)
これは2013年6月~2014年の4月の間に、男性不妊症で人工授精が適応とされた73組カップルの男性の精液検査で40分内に続けて2回の射精をしてもらい、精液検査で比べたものです。(看護師)
結果、精子の濃度に変化はないというものでした。しかし1回目は精液量が多いが運動率は低く、2回目は精液量は少なく運動率は高いという結果だったそうです。(看護師)
妊娠にセックスの回数は大きな影響はないかもしれませんが、より多くの精子を出すことができればそれだけ受精の確率も高くなるので1回よりは2回の射精のほうがいいかもしれませんね。(看護師)

女性の身体には周期があります。妊娠に適したタイミングというのがあり、射精量は大きな要素ではないようです。パートナーの体調を知り、理解することが妊娠への第一歩といえるでしょう。

【9月最新】精力UPサプリランキング
間違いなし!36ヶ月売り上げno1の人気商品!
>>詳細はこちら
試すならコレ!安心の14日間全額返金保証!
>>詳細はこちら
口コミで大人気!トリプル有効成分が効く!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

妊娠しやすくしたい方におすすめ!

精力剤で精子の量は増やせるの?成分を徹底調査!

精子の量や薄さが気になる…。妻がなかなか妊娠しなくて心配。そんな方のためにおすすめの精力剤を紹介します!

妻だと勃たない!夜の悩みは精力剤で解決できる?

妻以外の女性の場合は元気なんだけどな…。セックスレスで不妊に悩む方におすすめの精力剤を調査!