健康

2017/02/08

歯茎の中にある親知らずはどうすればいいの?

歯茎の中にある親知らずはどうすればいいの?

親知らずが生えていないものの、抜くべきか迷っている…。そういったケースに直面している人も多いでしょう。今回は歯科医と歯科衛生士の方に歯茎の中にある親知らずをどうするべきかについてのご意見を伺いました。

30代男性からの相談:「歯茎の中にとどまっている親知らずも取り除いた方がいいですか?」

私は未だに親知らずが生えてきておらず、歯茎の中で止まってしまっている状況です。
世間的には、親知らずは抜いてしまった方がいいといわれていますが、歯茎の中で止まってしまっているような状況でもやはり抜いてしまった方がいいのかどうか教えて頂きたいです。
また、特に親知らずを抜くなら早めがいいと言われることが多いのですが、虫歯などができたり、歯並びが悪くなってしまうような状況でもない現状でも、やはり早めに抜いたほうがいいのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>親知らずを抜くのにはいくらかかる?

歯茎の中の親知らずをどうするべきか・歯科衛生士のアドバイス

歯茎の中の親知らずをどうするべきなのか、まずは歯科衛生士のアドバイスを見てみましょう。

歯茎の中にとどまっている親知らずは、特に悪さをしていないようであれば無理に抜歯をする必要はありません。ご年齢から考えて、今後これ以上親知らずの歯根が成長し、前の歯を押したり、歯並びに影響を与える可能性は考えづらいです。(歯科衛生士)
歯茎の中に留まっており、前の歯との間に歯周ポケットができていなければ、今後もその親知らずが原因で歯茎が腫れたり、前の歯が虫歯になったりということはほとんど考えられません。しかし、前の歯との間に歯周ポケットができてしまっている場合には、しっかりとその歯周ポケットを掃除したり、炎症を起こさないように定期的なメンテナンスを行う方がよいでしょう。(歯科衛生士)
親知らずの部分にできる歯周ポケットは非常に清掃が難しいため、どうしてもその部分だけ炎症を起こしたり、歯周病が進行しやすくなります。炎症を繰り返すようであれば、歯茎のなかから出てきていなくても抜歯をしたほうがよいこともありますので、経過を見てください。(歯科衛生士)
もし抜歯される場合には、ご年齢的には若い方が傷口の治りも早いためおすすめでしょう。(歯科衛生士)

歯茎の中の親知らずをどうするべきか・歯科医のアドバイス

歯茎の中の親知らずについて、どのように対処すべきなのか、歯科医の方にご意見を伺いました。

親知らずを抜くのは、とても悩みますよね。親知らず自体は、歯茎に埋まっていて見えていないとのことですが、どのように埋まっているかが判断をする上での鍵になってきます。(歯科医)
レントゲン写真を見て、骨が親知らずの周囲をしっかりと覆っており、かつ膿袋などができていない場合、このようなときは抜かなくてもいいと思われます。しかし、歯茎に埋まってはいるけれど、親知らずを覆っている歯茎が薄い、もしくは歯茎に隙間があり、口から親知らずに届くような道ができている、こうした場合は、抜いた方がいいかもしれません。(歯科医)
一度腫れたことがある場合も、抜いた方がいいことが多いです。そして、抜く時期ですが、年齢が上がってから抜くよりかは、より若い頃に抜く方が、抜歯後の腫れや痛みが軽くなるうえに、治りが早い傾向があります。ですので、親知らずの抜歯を決断するなら、より若い時期のほうがいいでしょう。(歯科医)

歯の専門家は揃って親知らずは早めに抜くべきだといいます。親知らずをどうするかについては、歯科医としっかりと相談をして決めるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加