口臭

2014/12/15

口臭外来ではどんな治療をしてもらえるのでしょうか?

口臭外来ではどんな治療をしてもらえるのでしょうか?

口臭外来は口臭対策を専門とし、クリニックなどに併設されています。医療機関ということで、薬などで治療をするようなイメージを持ちますが、実際はどうなのでしょうか。
今回は口臭外来を検討している方からの相談です。

40代男性からの相談:「口臭外来ではどんなことをしてもらえますか?」

口臭が気になり口臭外来での診察を検討していますが、どんな治療をしてくれるのか気になっています。

自分の口臭が気になり、日常生活に支障が出ていると感じています。どうにかしたいと思い、口臭外来へ行くことを検討しています。どういった治療をされるのでしょうか?

口臭の原因を検査し把握できます

口臭外来では、口臭の原因を検査し疾患の有無を確認します。まずは、口腔内の問題か内蔵疾患による問題かを判断し、適切な治療を検討します。

検査の内容としては、カウンセリングによる生活習慣や食生活の状況を知ることや、測定器による唾液の分泌の状態、呼気による臭いの強度やガス分析を行い、通常範囲のものであるか、口腔疾患によるものか、内臓疾患によるものかを判断されます。(看護師)
診察内容としては、まず口臭の原因であり口腔内の細菌によって作られる揮発性硫黄化合物を機械で測定します。その測定結果によりなぜ口臭が発生するのかを分析し、それに応じた治療が行われます。(看護師)

口臭の原因は口腔内の問題が多い

口臭の原因は口腔内の問題が多いようです。歯周病や虫歯の場合は歯医者で治療をする必要があります。それ以外では内臓の疾患のケースも考えられます。内蔵疾患の場合は、別の診療科で見てもらう必要があります。どちらも、疾患と認められれば保険内で治療を受けられますが、それ以外は自由診療ということで保険がききません。

主な原因は歯肉炎や虫歯、舌苔(舌にはえる苔)や唾液分泌が不十分であることなど口腔内の問題ですが、呼吸器や消化器などの病気でも口臭は発生します。(看護師)
検査の結果、歯科治療や内科的治療が必要な場合は疾患にあった治療が行われますし、保険が適応されます。(看護師)

口臭外来は口臭の原因を検査し適切な治療を行うところです。口臭の原因は口腔内の問題が多いものの、一方で内臓疾患の可能性もあります。口臭が気になり、疾患の可能性も考えられそうであれば、一度口臭外来へ行くと良いかも知れません。一方で、舌垢除去や、水分摂取・ガムを噛むことでの唾液の分泌など、口臭対策は自分でできることも多いです。気になる場合はまずは自分でできることから始めてみてもよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加