歯周病になりたくないので防ぐための歯磨きを教えてください

  • 作成日:2017.02.07
  • 更新日:2017.02.06
健康

友人から歯周病を予防する歯磨きの仕方を教わったという相談者さん。しかし、その方法に疑問を持っているといいます。この歯磨きの方法は本当に歯周病予防に効果があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

50代男性からの相談:「私が知っている歯磨きは本当に歯周病予防に効果的なんでしょうか」

歯周病を予防するための歯磨き方法について教えてください。
友人から、ある歯磨き方法を聞きました。それは、先の細い毛の歯ブラシと、予防効果のある歯磨き粉を使う方法なのですが、ポイントは、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の隙間に差し込むようにすること。痛がりで怖がりの私は、「歯と歯茎の間に歯ブラシの毛を入れる」というイメージにゾッとしてしまい、とても試してみる気にはなれません。
そんな歯磨きのやり方をして、歯茎を傷つけたりしないのでしょうか。本当に歯周病予防効果はあるのでしょうか。もし、歯周病を予防できる他の歯磨き法があるなら、それを教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>口内環境をメンテナンスするサービスはありますか?

友人伝授の歯周病予防の歯磨き方法の正体とは?

専門家に相談者さんが教わったという歯磨きの方法についてお聞きしました。

ご友人からお聞きになられた方法は、バス法といって歯周病を予防するためのブラッシング法として最もポピュラーなものです。この方法を推奨する歯科医師が大多数です。(歯科医)
適切な歯ブラシを使って、適切な位置に適切な角度で当てて、適切な力で、適切にブラシを動かすことができれば、非常に効果的な方法ですし、歯茎を傷つけることもありません。(歯科医)
この「適切」を知るためには、歯科医院に行って、歯磨き指導のプロフェッショナルである衛生士さんに指導してもらうのが一番です。(歯科医)

>>歯磨きのタイミングはいつがいいの?

自分に合った歯磨きの方法を知ろう

バス法が誰にでも適しているとは言い切れないようです。しっかりと口の中を検査して適切な方法を専門家に聞くことが大切です。

歯磨き方法についてですが、その人の歯茎の状態、修復物の状態、歯と歯の隙間の広さなどによって、最適な方法というのは異なります。そのため、相談者さんの知っている磨き方が相談者さんの歯周病予防に最適かどうかは、お口の中を拝見させていただけないことにはなんとも申し上げられません。(歯科衛生士)
相談者さんの知っている磨き方「毛先の細いブラシを葉と歯茎の間に入れて磨く」磨き方についてですが、このやり方は歯肉の強い方や、歯周ポケットが非常に深い方には有効ですが、そうでない方、健康な歯茎の方の場合には、歯ブラシの刺激によって歯肉退縮を起こしてしまう可能性もある磨き方ですので注意が必要です。(歯科衛生士)
歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先を入れるのが怖いということでしたら、無理をせず、しっかりと歯の根元部分を磨くという意識で歯磨きをする程度で十分ではないかと思います。(歯科衛生士)
その他、歯周病の予防には歯と歯の間のケア、歯間ブラシやフロスを使うことが効果的ですので、ぜひお試しください。(歯科衛生士)
どうしてもバス法で磨く気にならない、しかし、効果的に歯周病予防をしたい、とお考えでしたら、他の歯磨き法というわけではありませんが、ソニッケアーなどの音波ブラシを使っていただくのがいいのではないでしょうか。(歯科医)

>>歯周病はどんな症状が出るの?

バス法は確かに歯周病予防に効果が期待できる歯磨きの方法です。しかし、適切なやり方で続けていくには、専門家のアドバイスが必要になってきます。歯周病を予防したいのであれば、まずは歯科医院に行くのが最善の手段だといえます。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!