メンタル

2017/02/03

険悪な夫婦関係を良好にするためのコツとは?

険悪な夫婦関係を良好にするためのコツとは?

夫婦関係がうまくいかないと考えていませんか? 今回の相談者さんは、妻に怒りを抱えておりその感情のまま行動したことで夫婦関係が事実上破綻してしまっています。この状況どうすれば、打開できるのでしょうか。

30代男性からの相談:「夫婦関係がうまくいかず、自殺を考えることもあります。」

嫁の性格、人格に腹が立ち、離婚したくてしかたがないです。
子供が小さいため、離婚は現実的ではなく、ストレスのみ溜まる一方です。そのはけ口としてキャバクラに行きましたが嫁にばれて、収入を差し押さえられてまともなストレス解消もできなくなりました。
自殺したいと思うことが毎週一度以上あります。こんなこと誰にも相談できなくてさらにストレスがたまっている状態です。どうしていいかわからず、人生何も楽しくない状態です。

似た質問もチェックしてみましょう

>>若い時よりイライラしやすくなっています。性格なのでしょうか

夫婦関係を改善したいなら怒りの分析を

怒りの感情に任せて行動を重ねてきたことがのっぴきならない状況を生み出しています。それが自分自身の首を絞めることになっており、悪循環の中で相談者さんは苦しんでいます。まずは、そのスタートについて考えてみましょう。

夫婦関係がうまくいかないのですね。ですが、本当に奥さんの問題だけなのでしょうか。仕事や子供さんとの関係に問題はありませんか? 睡眠は十分にとれていますか? 死にたいと思うほど、色々なことに閉塞感を持たれているのだと思います。(心理カウンセラー)
まずは、その気持ちを吐き出す場所として、心を許せる友人と話をすることができればよいのですが、カウンセリングを受けることも1つの方法です。話をすることで、奥さんだけの問題ではなく、仕事を含めて将来についての不安などが見えてくるかもしれません。(心理カウンセラー)
奥さんの性格や人格に苛立ちを感じているようですか、いつ頃から何がきっかけでそうなったのでしょうか。そして、きちんと夫婦で話し合えているのでしょうか。子育てをする中で、お互いに余裕がなく、イライラをぶつけたっているのかもしれません。まずは、ストレスを吐き出し、言いたいことを言って、すっきりしてみませんか? その先に、きっとあなたにとって、吐き出した分、心に隙間ができるはずです。そこから、未来のことを考えてみませんか?(心理カウンセラー)
眠れない、食べられない、自分が嫌で仕方がない、イライラが落ち着かないときは、精神科や心療内科を受診してほしいと思います。心と体の両面から、あなたをサポートしてくれるはずです。(心理カウンセラー)

>>怒りを鎮めるための3つの方法を試してみよう

夫婦関係を良好にするにはお互いに喋る場を設けること

夫婦になる前、お互いの距離を詰めようとして色々なことを話したはず。それが夫婦関係となり、喋る必要もなくなってきた…。それは夫婦関係の破綻のサインだといえるでしょう。お互いに何を考えているのか知るだけでも関係性に変化は訪れるものです。

夫婦の関係が難しい場合で多いのが夫婦間の会話の数が激減していることが多いです。お互いに思っていることをしても相手には悪意があることに見られたりするものです。ましてや、子どもがいる家庭の場合に子供中心の生活となり男性と女性の関わりあいとなる夫婦の関係がなくなります。(看護師)
恋人の状態であった場合は、お互いのことを多く話していたと思います。そうすることで相手は、何がして欲しいのかを的確に当てることができていたと思います。まずは、お互いに自分のことを話すことが大切になります。(看護師)
しかし、夫婦の関係が悪化してからこのような話し合いの場を持とうとしても嫌悪感が先に立ち話し合いするできない場合があります。その場合は、カウンセリングの力を借りてもいいかもしれません。(看護師)

感情のまま行動することでよくできたはずの未来を手放してしまったのは、とてももったいないことです。喧嘩するのではなく、お互いの心の内をさらけ出して話し合っていくことが、2人の未来を決定づけるといってもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加