潔癖症で生活が圧迫される…改善する方法は?

  • 作成日:2017.02.02
  • 更新日:2017.02.01
メンタル

潔癖症には様々なタイプがありますが、今回の相談者さんは潔癖症が年齢を重ねるごとに悪化しているといいます。潔癖症は治るのでしょうか。専門家に詳しく解説していただきました。

50代男性からの相談:「潔癖症は治りますか?」

家族には呆れられ、友達には笑われる、人とは違う悩みが私にはあります。それは潔癖症であること。
たとえば、電車に乗ってつり革につかまると、電車を降りた後ですぐにトイレで手を洗わないではいられません。エスカレーターのベルトにはつかまらないようにしていますし、図書館で本を借りることも絶対にNGです。
バイキング形式の料理は「人の唾が入っている」という意識がありますから、これもパス。スープバーでさえ、敬遠してしまうのです。スーパーの揚げ物なども同様で、パック入りの総菜以外は買うことができません。
若いころからそうでしたが、年齢が上がるにしたがって、よりひどくなっているように思います。一種の神経症だとは思いますが、治療で治る可能性はあるのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>アルコールとティッシュが手放せないのは強迫性障害か?

潔癖症は時間をかければレベルを下げていくことができる

専門家によれば、潔癖症は気にならないレベルまで持っていくことができるとのことです。一体どういうことなのか、詳しくお聞きしました。

潔癖症を完全に治すことは難しいですが、日常生活を行う上で障害にならないレベルまでに下げることはできます。(看護師)
現時点で日常生活に影響があるのかないのかで治療をすべきか すべきではないのかが分かれます。日常生活に影響が出ていなく、身体の影響もない場合は、個人の特徴の1つとして捉えるために、治療の必要はほとんどありません。(看護師)
影響が出ている場合には、治療が必要となります。治療するといっても、慣れるということしかありません。今まで避けてきたことに対して妥協するようにします。バイキングにいってみる、つり革を触っても洗わないなど、今まで必ずしてきたことをやめるのです。(看護師)
はじめの頃は苦痛となりますが徐々にその行為に対しての抵抗感がなくなっていくと思いますので実践してみてはいかがでしょうか?(看護師)

潔癖症に至った背景を明らかにしよう

潔癖症になるのには、何かしらの理由があります。その理由を解き明かすことで、潔癖症への対処法が決まってきます。

潔癖症でお困りなのですね。生活をする上で支障が出ているようであれば、心療内科や精神科を受診して、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。(心理カウンセラー)
潔癖症になる背景には、心に問題を抱えていることが多いといわれています。例えば、両親から受けた言葉やしつけが心の傷として残っている場合や、何が汚いものを見てしまった衝撃や、自分が病気や不潔になることの過度の不安などがあることで、徐々に症状が自分でコントロールできないほど他人が触ったものに触れることができないまでになってしまうのです。(心理カウンセラー)
まずは、潔癖症が強くなった背景を見つめてみましょう。そして、同時に認知行動療法などを通して、自分がとらわれている「不潔」についての考えや行動について変化させていきます。そして、あなたが「不潔」と感じているものに触れたとしても、あなた自身が不潔になるわけではないといった考え方の枠組みを持ているように対処します。(心理カウンセラー)
症状が重い時には、お薬を使用することもあります。症状がよくなることは個人差がありますし、カウンセラーとの相性もありますが、症状を治したいと思い、治療を継続することで症状は落ち着いていきます。気軽な気持ちで受診してみてください。(心理カウンセラー)

潔癖症で悩みを抱えている人にとっては、日々の生活が苦痛に感じられてしまうでしょう。しかし、なぜ潔癖症に至ってしまったかの道筋を明らかにすることで、治していくことはできます。もし潔癖症で辛い思いを抱えている場合は、諦めずに改善策を探すのがいいでしょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。