メタボリック

2014/12/13

断食ダイエットってどんな種類があるの?

断食ダイエットってどんな種類があるの?

断食ダイエットには、実は幾通りかの種類があり、自分に合った方法で選ぶことができるようです。具体的にはどんな種類があるのでしょうか。今回は断食ダイエットのやり方についてのご相談です。

30代男性からの相談:「断食ダイエットって?」

体型が気になり、ダイエットを検討していたところ、最近、妻に断食ダイエットを勧められました。断食ダイエットはどんな風に行なうのでしょうか。期間中でも飲んで良いものや、口にして良いものなどはあるのでしょうか。

断食ダイエットには幾通りかの種類がある。

断食ダイエットという言葉から、単純に何日間か絶食するようなイメージがありますが、メニュー化された種類が幾通りかあり、ご自分に合ったやり方を選ぶことができるようです。

断食ダイエットにもいくつか種類があります。

・【半断食】昼と夜にお粥や果物を少量だけ食べます。1日の摂取カロリーは500kcal程度です。
・【半日断食】半日だけ水のみで過ごす。
・【1日断食】24時間水だけで過ごす。
・【本断食】48時間以上水だけで過ごす(*指導してくれる人が必要です)、があります。

断食ダイエットの効果は、【体内浄化】体内の老廃物や毒素の排出を促進します。【余計な脂肪を除去する】エネルギーが入らないので身体の脂肪を使います。【内臓を休ませる】内臓全体の負担を軽減します。【身体の抵抗力を高める】断食することで自己免疫力を高めます、が見込めます。(看護師)
断食ダイエットには種類があり、プチ断食を交えた3日間コースなどもあります。

【1.断食前日】昼食は腹八分目まで、夕食は通常の半量(寝る3時間前に済ませること)、1日を通し水分を多めに摂ること。
【2.断食】お水以外は何も口にしないので、水分摂取は多めに意識する、休日などゆったりと過ごせる日に行うのがベスト。
【3.断食翌日】朝はおかゆを良く噛んで、昼、夜ご飯は食べ過ぎないようにします。断食は「余分な脂肪を捨てる」、「内臓を休ませる」、「老廃物を排出する」、「抵抗力が増す」などの効果があり、自然治癒力が増すようです。(看護師)

持病がある人や、定期的に服薬している人は、主治医に相談。

何らかの持病や、服薬している人は、主治医に相談の上で行う必要があるようです。また、断食ダイエットにはリバウンドがあるようですので、その点にも注意が必要です。

何らかの持病を持つ人や、定期的に薬を服用している人は、断食ダイエットには向きません。必ず主治医に相談してから始めて下さい。また、断食ダイエットで痩せることに成功したが、その後のリバウンドが激しいと言うのも良く耳にします。この点もダイエットを始められる時にはご考慮下さい。(看護師)
何も口にしないダイエットでの体調管理には十分注意をして下さい。ダイエットは急激に行うよりも、食生活の改善と運動でゆっくり減量していくほうが良いと思います。(看護師)

断食ダイエットにもいくつか種類がありました。最も自身が取り組みやすそうなものを選ぶと良いでしょう。その他、服薬をしている場合は注意が必要で、ダイエット後のリバウンドが激しい点も理解しておきたいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加