知らなかった!体臭をキツくするNG習慣7選

  • 作成日:2017.02.06
  • 更新日:2017.09.12
体臭

普段から体臭が気になったり、体臭を人から指摘されたことがあるけど、その原因や対処方法が分からず悩んだりする人はいるかと思います。

今回は、臭い体臭を引き起こす原因や、それを防ぐための対策を原因別にご説明しましょう。

スポンサーリンク

体臭をキツくするNG習慣その1・ストレスの蓄積

体の不調や摂取する食べ物だけでなく、精神的なストレスが体臭の原因となることがあるのです。ストレスが溜まると自律神経失調症を引き起こしやすくなります。すると、交感神経と副交感神経のはたらきが過剰になり、血行を促進させて汗をかきやすくなるのです。

ストレスによって、汗と一緒に乳酸が混ざって出てきやすくなり、汗自体に臭いが生じ、体臭がキツくなってしまいます。ストレスを溜めないよう、適度に体を動かしたり、自律神経失調症を防ぐためエアコンに頼り過ぎないで過ごすようにすることをおすすめします。

体臭をキツくするNG習慣その2・運動不足が原因

運動すると汗をかき体臭が酷くなると考えている方もいらっしゃるかと思いますが、実は運動不足によって汗臭さが増すこともあるのです。運動が足りていないと、普段から汗をかく量が少なくなるため、汗の出る汗腺の数が減少します。汗腺の数が減ればもちろんひとつひとつの汗腺に大きな負荷がかかります。

汗をかくと塩分やミネラルを一緒に排出するのですが、体に必要な分は再吸収して、体内の塩分やミネラルが減らないような仕組みになっています。そのため、ひとつひとつの汗腺に負荷がかかったとき、その作用が追い付かず、塩分やミネラルが含まれた汗がでてきてしまうのです。

通常の汗は99%が水分でできているので、サラサラとしていて臭いもないのですが、栄養素であるミネラルのたっぷり含まれた汗はネバネバとしていて雑菌が繁殖しやすくなるため、汗が臭くなるのです。これを防ぐには日ごろから適度な運動をすることや、汗が出るようにサウナ等に行くことで、発汗しやすい体質をつくっておくと良いでしょう。

体臭をキツくするNG習慣その3・お酒の飲み過ぎ

お酒を飲み過ぎると翌日の体臭が普段よりキツいと感じる人は多いのではないでしょうか。これは、お酒やそれと一緒に食べた物の臭いのせいだけではなく、お酒の成分が関係しているのです。

アルコールは体に入るとアセトアルデヒドという物質になります。このアセトアルデヒドは酢酸の一種で、酸っぱい臭いの元です。お酒を飲むと翌日の汗にアセトアルデヒドの酸っぱい臭いが混ざり、体臭がキツく感じるのです。

アルコールは一時的に血流を良くし発汗を促すため、普段より汗をかきやすくなります。アセトアルデヒドを含む汗を大量にかくので、その体臭はもちろん普段以上に臭いがキツくなります。体臭の原因をつくらないお酒の種類は無く、禁酒することが一番の予防策です。

体臭をキツくするNG習慣その4・汗を放置する

汗をかいたまま放置することも体臭に繋がります。汗はアンモニア成分を含んでおり、汗が乾いてもその臭いは残ります。汗がついた衣服を放置することも臭いの原因となります。衣服等の布についた雑菌が汗と一緒に流れ出る皮脂をエサとして増殖することで、臭いが増大してしまうのです。

汗をかいたら放置せず、清潔な布などですぐに拭きとったり、新しい服に着替えるようにしましょう。

体臭をキツくするNG習慣その5・同じ靴を履き続ける

普段足が臭いわけではないのに、靴の臭いが気になるという方はいるのではないでしょうか。そのような方は、もしかしたら同じ靴ばかり履いていませんか。

靴は履いていると湿気が溜まり、その水分や足のかいた汗などが原因で、靴の中は雑菌が繁殖しやすい場所となっています。一晩その靴を履かずに置いていても、またすぐ翌日に同じ靴を履くと、水分が蒸発しきらないままになり、雑菌はどんどん増えてしまいます。

靴からあがってくる臭いを予防するには、靴の中敷きをまめに交換したり、靴は毎日同じものを履かないようにしたり、こまめに靴を洗うことを習慣づけることがおすすめです。

体臭をキツくするNG習慣その6・タンパク質と脂質の過剰摂取

摂る栄養素によっても体臭が引き起こされることがあり、体臭の原因となる代表的な栄養素はタンパク質と脂質です。摂取量が通常の範囲内なら体臭に大きく影響しませんが、過剰に摂ることで体臭が臭くなりやすくなります。

タンパク質を過剰に摂取すると、それを分解するため肝臓に負担がかかります。通常、肝臓は臭いの元となる物質とそれ以外の栄養素を分けて小腸へおくり出します。タンパク質の分解に疲れてしまい機能の低下した肝臓ではそのはたらきが上手くできず、臭いの元となる物質は血液にのって体中に運ばれ、汗とともに出ることで体臭が発生します。

脂質の過剰摂取は、体内に脂肪酸を溜めこんでしまい血中に流れ出て汗とともに外へ出されることで、酸性の嫌な臭いを発します。これらを防ぐ方法としては、食生活の改善が必要です。肉類や脂肪の多いものを控え、日頃から野菜を多く摂るようにするのがおすすめです。

体臭をキツくするNG習慣その7・シャワーだけで済ませる

入浴は湯船につからず、シャワーだけで済ませるという人も体臭がきつくなることがあります。シャワーだけでは、体の汚れが落ちにくいということも理由の一つですが、代謝があまり上がらないということも体臭を発生させる原因となります。

代謝が悪いと、汗をかきにくくなり、体から臭いの元となる老廃物が出にくくなり蓄積されます。その蓄積された老廃物が汗と一緒に一気に出ることで、体臭が臭くなります。湯船につかれば血行が良くなり、代謝が促進されるので普段から汗をかきやすい体質に近づき、体臭を防ぐことができます。

まとめ

臭い体臭は摂取する栄養や体調、また精神状態など、様々な原因で引き起こされるものです。

日常の習慣を見直すことで予防できる場合もあるので、体臭に悩んでいるという方は、是非これらの方法のどれかを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。