男性の生殖能力を見極める3つのポイント

  • 作成日:2017.01.31
  • 更新日:2017.09.08
男性不妊

不妊で悩む夫婦にとって、お互いの生殖能力がどれほどのものなのかはとても気になることです。男性の場合は、何が生殖能力を決めるのでしょうか。そして、その検査方法についても専門家に詳しく聞くことができました。

30代男性からの相談:「男性の生殖能力をチェックする基準などはあるのですか?」

一般的な生活を通して何となく耳にする事例として、女性に比べて比較的高齢になっても男性の場合、生殖能力はある程度維持されるということがあります。
つまり、女性の場合の閉経にあたるものははっきりとはないのではないか、という認識をもっております。
では、アラフォーを迎えた自分の妊活力が一体どれくらいなのかというと判断の基準がわかりません。男性の場合いったいどのような判断することができるのでしょうか。
その方法、費用、場所、注意点などについて教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう
>>男性不妊の情報が少ない…精子の検査は何科にいくべき?

男の生殖能力を決める3つのポイント

男性の生殖能力を決めるのはなんでしょうか? 専門家からは3つのポイントがあるという回答を頂きました。その3つのポイントとは?

男性の場合の生殖能力は、まず陰茎が勃起することができるかからになります。陰茎の勃起は、血管や神経の度合いによります。加齢とともにこちらは衰えていきますので徐々に勃起率が下がる傾向にあります。(看護師)
次に、精子を作り出すことができるかです。作り出すには、前立腺が重要な役割を果たしますが加齢に伴い肥大することが多く正常な機能を果たさなくなることがあります。また、勃起神経も前立腺にありますので注意が必要です。(看護師)
男性の生殖能力としては質のいい精子をできるだけ多く射精できることが重要となります。極端な話かもしれませんが、どんなに体力がなくても、病弱であっても、高齢であったとしても、精子を産生して膣内に射精することさえできればタイミングや女性側に問題がなければ生殖能力はあるといえます。(看護師)
精子を作り出せたとしてもことの精子がしっかりと生きているか元気であるかも重要です。しっかりと運動できていないと卵子まで到達することができないのでここも重要です。基準はどこにあるかというと、まず正常に性行為ができるか。(看護師)
次に精子の量が1500万で運動率が40%以上といわれています。これがクリアできているのであれば生殖能力があるといえます。(看護師)

生殖能力を確かめるための方法・費用・場所

男性の生殖能力を調べるための具体的な方法を専門家に聞きました。手軽に受けられる検査でもありますので、もし不安なことがある場合は医療機関を訪ねるといいでしょう。

この方法を調べるには、不妊治療している産婦人科で行うことができます。泌尿器でもおこなっているところはあるみたいですが、大体は不妊治療している場所でできます。(看護師)
男性の生殖能力を判断するには精子の状態を知ることで評価できるでしょう。精子の状態をみるには精液検査を行います。精液検査では精子の量・奇形の有無・運動率などを調べることができます。これらに問題がなければ生殖能力は充分にあるといえるでしょう。(看護師)
方法は病院か自宅で指定された容器に射精して検査に提出するだけです。自宅で採取する場合は、射精から指定された時間内に病院に提出する必要があります。検査料金は基本的な検査項目だけなら1,000円程度です。しかし検査内容によっては保険の適応外のものもあるので検査前にしっかり確認しておきましょう。(看護師)
費用は、病気ではないために高額であったり検査代のみで少額であったりするので金額はピンキリになります。また、検査を受ける前には、性病ではないことと禁欲したうえで行う必要があります。(看護師)

男性の生殖能力は個人差もありますが、3つのポイントが主となっています。それを調べるための方法もありますので、不妊で困っている場合などは医療機関での検査をおすすめします。

【9月最新】精力UPサプリランキング
間違いなし!36ヶ月売り上げno1の人気商品!
>>詳細はこちら
試すならコレ!安心の14日間全額返金保証!
>>詳細はこちら
口コミで大人気!トリプル有効成分が効く!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

妊娠しやすくしたい方におすすめ!

精力剤で精子の量は増やせるの?成分を徹底調査!

精子の量や薄さが気になる…。妻がなかなか妊娠しなくて心配。そんな方のためにおすすめの精力剤を紹介します!

妻だと勃たない!夜の悩みは精力剤で解決できる?

妻以外の女性の場合は元気なんだけどな…。セックスレスで不妊に悩む方におすすめの精力剤を調査!