ED

2017/01/27

高血圧で精力減退? そのメカニズムを専門家が解説

高血圧で精力減退? そのメカニズムを専門家が解説

若い頃と比べて精力が落ちてきた…。そんな悩みを抱えている方は血圧に着目するといいかもしれません。血圧とEDの関係について専門家に詳しく解説していただきました。

30代男性からの相談:「精力がないのと高血圧は関係がありますか?」

私はまだ30代ですが男性器の方が元気がありません。性欲の方はあるのですが、女性との性行為の時に限って元気がなくなり困っています。
よく原因は男性器への血流が悪いために起こると聞きますがちょっと気になることがあります。私は20代の頃から高血圧のため薬物治療をしております。高血圧と男性器の元気がないのとは何か関係があるのでしょうか?
私みたいな高血圧の人は男性器が元気が出るような治療はできないのでしょうか? アドバイスお願いします。

似た質問もチェックしてみましょう
>>高血圧症でED発症確率が高まってしまうという研究結果

高血圧がEDを引き起こす原因になる

専門家によれば、高血圧がEDの引金になりえるといいます。高血圧とEDの関係についてそのメカニズムや降圧剤と絡めて解説していただきました。

高血圧になると抹消まで血流がいかなくなることもあり、陰茎に血流がいかず、それが原因で勃起しない可能性もあります。(看護師)
高血圧では動脈硬化が進行し、末梢に十分に血液が届かなくなる原因となります。また血圧を下げる薬にも副作用としてEDの症状があります。(看護師)
降圧薬を内服しているとのことですが、降圧薬の種類によっては血管を拡張させるタイプのものもあるためにうっ血せず元気がなくなっていくのです。(看護師)
サイアザイド系利尿薬「ヒロドクロロチアジシド」、カルシウム拮抗薬「ニフェジピン」、中枢作用性交感神経抑制薬「メチルドパ」「クロニジン」「β-ブロッカー」「アテノロール」などです。サイザイド系利尿薬、β-ブロッカ―は特に強く出やすい傾向にあります。(看護師)
降圧薬に関しては、血管を拡張するものだけではないのですが、高血圧の種類によってお薬も変わるために医師に確認が必要です。(看護師)
高血圧の人は動脈硬化が進行して、薬とダブルでEDになりやすくなってしまいます。そのために薬を中止するのは危険ですので、医師に相談してみることをおすすめします。薬の種類を相談してください。並行してEDの治療もできます。自己判断でも中止は絶対にしないようにしてください。(看護師)

心理的なケアも必要

EDには様々な要因が考えられます。中でも、心理的な側面も大きくあるでしょう。そうしたケアも大切になってくるといいます。

性行為する時に元気がなくなるのは、心理的な部分もあるかと思います。一度性行為に失敗するとトラウマになるようなことも少なくありません。そのトラウマを乗り越えるために相手に協力してもらう必要があります。相手に理解を求めることでハードルを下げることができます。まずは乗り越える必要があります。(看護師)

若い頃と比べて元気がなくなってきたと感じたら、血圧が変化しているかもしれません。また、高血圧のための薬もEDに繋がってしまうので、血圧の改善が先決だといえるでしょう。また、パートナーとのコミュニケーションも大切です。1人で抱え込まずに、腹を割って話すのも大切なED改善の方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加