健康

2017/01/26

ブリッジで虫歯になりやすくなる? 今からできる3つの対策

ブリッジで虫歯になりやすくなる? 今からできる3つの対策

歯科医院での治療でブリッジをつけたところ、1年ほどで虫歯が再発したという相談者さん。ブリッジにすることで虫歯リスクが高まってしまうのでしょうか? 虫歯を防ぐある物質も絡めて専門家にお答えいただきました。

40代男性からの相談:「ブリッジにすると虫歯になりやすくなるのでしょうか?」

私は小さいときから虫歯が多く、すぐ虫歯になるのですが、現在私の前歯5本すべて部分入れ歯であるブリッジにしております。
ブリッジは虫歯になりやすいとよく聞きますので、日頃の歯磨きを念入りにし、歯間ブラシも使用し、丁寧に歯は管理しています。しかし、ブリッジにして1年ほどで虫歯がまた再発しました。
なんとなく自分でも自分の口臭が強くなった気がしたので虫歯ではないかと感じていたのですが、ブリッジにしてこんな早く虫歯になったりするものでしょうか? 教えて下さい!

似た質問もチェックしてみましょう
>>歯並びが悪くブリッジが多い…キレイに歯みがきするには?

虫歯を少なくするための期待の星

歯磨きを頻繁にする日本人。しかし、諸外国と比較すると、虫歯の数が少ないというわけではありません。どこに違いがあるのでしょう。そこに、虫歯を防ぐヒントが隠されていました。

虫歯ができやすいと、困りますよね。特にブリッジは磨きにくいので要注意です。しかし、相談者さんもその点は十分に承知されているようで、丁寧に磨いておられるということです。では、どうして丁寧に磨いていても虫歯になるのでしょうか。実は虫歯の原因は、ストレプトコッカス・ミュータンスに代表される細菌、いわゆる虫歯菌です。虫歯菌が磨き残した食べ物を分解する過程で、乳酸などの酸性物質を産生します。これが、歯を溶かしていくのです。この歯が溶かされた状態が虫歯になります。(歯科医)
歯みがきの回数では、日本人の歯みがきの回数は世界でも指折りといわれています。しかし、虫歯の少なさでは、そうではありません。歯をきれいに磨くだけでは、足りないのです。そこで重要視されているのが、フッ素の利用です。フッ素を使うことで、歯を虫歯菌の産生する酸から強くすることができることが知られています。世界的には水道水にフッ化物を配合して、歯を強くしようとしているのですが、我が国ではそうしたことはなされておりません。(歯科医)
相談者さんの歯は、虫歯菌の出す酸に対して弱い状態にあるのかもしれません。そこで、フッ化物を含んだ歯磨き粉や、うがい薬を使ってみてはいかがでしょうか。そうすれば急に歯が強くなって虫歯にならなくなるというわけではありませんが、より虫歯になりにくくすることができます。(歯科医)

ブリッジが虫歯を再発させる原因と対策

ブリッジが虫歯を再発させる原因について、専門家に考察していただきました。もし思い当たる点があったら、それに応じた対策を取るといいかもしれません。

まず、部分入れ歯とブリッジは完全に別物です。質問文から、おそらくブリッジであると想定して回答させていただきます。(歯科衛生士)
ブリッジにして1年で虫歯が再発というのは通常では考えにくい状態です。ですが、今回1年で虫歯が再発してしまったということで…考えられるのは
1、十分なつもりの歯磨きが実は全くできていない
 →歯科医院での歯磨きチェックはされていますか?

2、治療時の虫歯の取り残し
 →怪しいと思われるようであれば、一度他の医院を受診してみるといいかもしれません。

3、歯周病による歯肉退縮が原因での根面齲蝕(うしょく/細菌が発する酸で歯が欠損すること)
 →ご年齢、口臭という点から、歯周病が進行していることも考えられます。歯周病で歯肉が退縮すると歯根が露出し虫歯になりやすくなります。(歯科衛生士)
このような原因が考えられます。通院中の医院ではどのように説明されましたか? 説明に納得がいっていないようであれば、他院でのセカンドオピニオンをおすすめします。(歯科衛生士)

ブリッジで虫歯になりやすくなる理由はいくつかあります。きちんと原因を究明して、対応策を練っていきましょう。口の中の異常を取り除くことで、口臭も自然と解消されていく可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加