足がつらないように気をつけるべきポイントは4つ

  • 作成日:2017.01.23
  • 更新日:2017.01.20
健康

寝ている時、急激な痛みとともに目が覚めてしまう。こむら返りを経験された方は少なくありません。このこむら返り、原因はいったい何なのでしょう。専門家にこむら返りの予防法について聞きました。

30代男性からの相談:「足がつらないようにする方法や対策について教えて下さい」

以前はこのようなことはありませんでしたが、最近になってやたら足がつるようになりました。
ちょっと散歩している時に足がつったり夜睡眠中に足がつってしまい、あまりの激痛で目が覚めたりすることがとても多くなりました。私は運動不足が原因だと思いますが、他に考えられる原因はありますか?
急に最近足がつるようになったので何か病気ではないかとも思ったりもします。
何か足がつるのを軽減させる方法や対策などありましたら教えてもらいたいです。

似た質問もチェックしてみましょう
>>睡眠中のこむら返りを予防するためにできることとは?

足がつる原因は主に4つ

足がつってしまう原因には4つのことが考えられるようです。つまり、この4つのことに気をつけていれば、改善できるかもしれないのです。

寝ている間に足がつってしまうのはとても辛いことです。足がつってしまう原因としては、ミネラルが不足していたり筋肉に疲労が溜まっていたり脱水ということがあります。(看護師)
足がつる、こむら返りの原因は主に脱水と血行不良といわれています。マラソン選手などが足がつっているのは脱水が原因です。また、朝方に多く足がつる人は朝方にかけての気温の低下によって、血管が収縮し血液の流れが悪くなり酸素が不足するのが原因です。(看護師)
汗や尿と一緒にミネラルが多く排出されてしまうと足がつりやすくなります。お酒を飲んでいるから水分は足りていると思われがちですが、アルコールは水分として吸収されていません。逆に多く飲むと尿として排出されて脱水になりやすくなります。(看護師)
寝ている時間ということなので、体温が低下していることによって血液循環が悪くなっていたリ無意識に変な方向に筋肉を使ってしまっているというこ可能性もあります。(看護師)

こむら返りに効くサプリもある

専門家によると、こむら返りを予防してくれる市販薬もあるといいます。

予防法としては、水分補給をしたり体を冷やさないように温かくしたり栄養バランスに気をつけた食事をすることが大切です。(看護師)
必要であれば、足がつった時の症状を抑えたり痛みを和らげてくれる漢方などを飲んでみるのも効果があらわれます。これでも治らないようであれば、他の病気という可能性もあるので一度検査をしてみた方がいいかもしれません。(看護師)
水分やミネラルを多く摂って、足を冷やさないようにしてください。今は市販薬でもこむら返りに効果のあるものがありますので、試されてみるのもいいと思います。(看護師)

寝ている時に足がつるのは安眠を妨害され、非常にストレスの溜まることです。しかし、足がつる原因となる4つのポイントに気をつけていれば、予防することもできるかもしれません。日々のちょっとした工夫でこむら返りを予防しましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。