健康

2017/01/22

風邪予防のために押さえておくべき3つのポイント

風邪予防のために押さえておくべき3つのポイント

風邪対策をしていても毎年流行の時期に風邪をひいてしまうという人は多くいます。普段している風邪予防は効果がなかったのでしょうか。専門家によれば、予防のためには押さえておくべきポイントがあるといいます。

30代男性からの相談:「風邪に最も有効な予防法はなんですか?」

風邪の予防を色々と試してきましたが、毎年風邪をひいてしまいます。
マスクをしたり、うがい・手洗いはしています。また、ビタミンCを摂ったりというようなことも意識的に行っています。それなのに、毎年のように風邪をひいてしまいます。
インフルエンザならば、予防接種という方法で感染を防ぐことが可能だと思いますが、一般的な風邪の場合はインフルエンザの予防接種のような予防法はできないのでしょうか。
また、その他にも予防法があれば教えて下さい。

似た質問もチェックしてみましょう
>>専門家のすすめる風邪対策! うがいにも使える緑茶の驚くべき効果とは

些細なミスで風邪を引いているのかもしれない

風邪予防を続けていても、気が緩むときはあります。そうしたほんの些細なことが風邪の引金になっている可能性があります。

風邪予防をしっかりしているのに風邪を引いてしまうと、意味がないように思ってしまいがちです。ですが、全く意味がないものではありません。(看護師)
もしかすると、些細なことができていなくて風邪を引いてしまっているのかもしれません。例えば、マスクをした時に鼻まで覆ったり使い捨てマスクの場合には毎日交換したり少しの生活習慣の乱れから免疫力が下がっており引きやすいなどということがあります。(看護師)
今の予防方法は、風邪予防には大切なことなので引き続き実践した方がいいです。些細なことを気をつけてみてはどうでしょうか。インフルエンザの予防接種もインフルエンザにはならないというものではありません。インフルエンザになっても症状がひどくならないために予防接種があります。(看護師)

風邪予防には、腸内環境と体温・体力に注意しよう

専門家によれば、風邪予防に大切なのは、3つのポイントになるとのことです。

風邪の予防には感染を予防することが第一になります。また、感染しても発症しないようにするためには免疫力を上げることが大切です。免疫力を上げるためには。ビタミンCを摂ることはもちろんですが、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスと摂れた食事が大切です。(看護師)
免疫細胞は腸内でほとんどが作られています。腸内環境が乱れると免疫力が低下します。野菜や植毛繊維、ヨーグルトなどで腸内環境を整えることが大切です。(看護師)
身体が冷えると免疫力も低下します。身体を冷やさないようにしましょう。ショウガは身体を温め、免疫力を上げるといわれています。(看護師)
体力がないと風邪にもかかりやすくなります。日ごろから運動の習慣をつけて、体力をつけるようにしましょう。(看護師)

風邪を予防するためには、基本的な風邪対策をするのはもちろん、専門家の挙げる3つのポイントについて注意していくことが大切だといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加