薄毛

2017/01/19

若い頃は髪が多かった…薄毛を防ぐ髪の洗い方

若い頃は髪が多かった…薄毛を防ぐ髪の洗い方

若い頃は捨てても余るほど髪があったのに、今では捨てたものをかき集めたくなるほど薄毛に悩まされている…。時の流れの残酷さに対抗するために、薄毛を防ぐ洗髪方法を専門家に聞きました。

50代男性からの相談:「薄毛を防ぐ洗髪方法を教えて下さい」

若い頃は、剛毛で非常に髪の毛の量が多く、ヘルメットマンとまでいわれていた私ですが、40歳を越える頃から、細く薄くなってきました。
今では頭頂部に至っては、地肌が見えるくらい抜けてきました。毎晩洗髪しているのですが、結構な分量の髪の毛が、毎回排水溝に抜け落ちて溜まります。
日頃の生活で注意することといえば、洗髪ぐらいしか思い浮かばないのですが、何かこれ以上ハゲていくのを防止する、洗髪方法があれば教えてください。
ちなみにずっとミント系のシャンプーを使っていて、リンスやトリートメントは一切行っていません。

似た質問もチェックしてみましょう
>>ちょっと待った!リンスインシャンプーで薄毛に?

ミント系シャンプーは薄毛に効くか否か

相談者さんが使っているというミント系のシャンプーは薄毛に対して効果があるのでしょうか。そして、薄毛を防ぐ髪の洗い方についても専門家にお聞きしました。

薄毛を予防する洗髪法は基本的なことですが、シャンプーを泡立てた後に頭皮につけこするのではなく、頭皮をマッサージするように洗うことです。(看護師)
薄毛を防ぐ洗髪方法ですが、シャンプーは無添加のものを使い、頭皮にかかる量は少なくしてください。洗髪後は自然に乾かし、ドライヤーの温風はできるだけ避けてください。(医師)
ミント系は薄毛にたいして効果はありません。先に書いた無添加シャンプーや市販の育毛シャンプーもいいです。(医師)
ミント系のシャンプーを使うこと自体はさほど悪いことではありませんが、注意したいのはその刺激の強さですね。人によってはその刺激が強すぎて頭皮に悪影響を与えるということもあります。(看護師)
シャンプーの洗浄成分がアルコール系であれば頭皮への刺激も強いので、育毛を促したいのであれば、刺激の少ないアミノ酸系洗浄剤のシャンプーに変えてみましょう。(看護師)

薄毛の進行を遅らせるための専門家アドバイス

薄毛は放置しているからといって進行しないわけではありません。薄毛対処は早いにこしたことはありません。そこで、専門家からのアドバイスをご紹介します。

頭頂部の薄毛が特に目立っているようですので、AGA(男性型脱毛症)である可能性もあります。AGAは頭頂部や前頭部から薄毛なるのが特徴で、さらに進行型の薄毛です。このタイプならシャンプーや生活習慣の改善では薄毛の進行を止めることができませんので注意が必要です。(看護師)
整髪料は頭皮にかからずに髪だけにセットしてください。(医師)
育毛剤の使用もいいです。髪に栄養を与えて太い髪にしていくことで薄毛予防となります。(医師)
民間の頭皮チェックしてもらえる機関に一度頭皮チェクをしてもらうと、毛根がどういった状態かがわかり、アドバイスをしてもらえます。病院のクリニックで頭皮相談もありますので受けてください。(医師)

薄毛に困っていても、どんな対処をすればいいか分からずに対して効果のないことをしているという人も多くいます。まずは専門家のアドバイスを参考にして、効果的な方法を試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加