薄毛

2014/12/09

抜け毛が酷い!どんな病院で治療すればよい?

抜け毛が酷い!どんな病院で治療すればよい?

今回の相談者の男性は、抜け毛が酷くなり対策を検討しています。髪のボリュームを出すのに苦労するほど、抜け毛の量が増え困っているようです。病院治療では何科の診療を受ければよいのでしょうか?

30代男性からの相談:「酷い抜け毛の治療について」

髪の本数は多かったのに、今では逆にボリュームを出すのに苦労しているようです。

先月あたりから、髪の毛がパラパラと落ちてくるのがわかり、手で髪の毛を触っても数本抜けます。もともと、髪の毛は細めですが、本数は多いと理容師さんに言われていて、いつも量を少なくカットしてもらっている感じでした。しかし、今では、ボリュームが少なくなりました。このままハゲたら嫌なのですが、どの医者にかかればいいのかわかりません。どうしたらよいのでしょうか?

総合病院や皮膚科クリニックの脱毛外来(AGA外来)を探しましょう。

抜け毛が酷かったり、薄毛が気になる場合は、総合病院や脱毛症専門の窓口であるAGA外来を受診すると良いでしょう。

髪の毛を手で触る程度で数本抜けるというのは気になりますね。夏の汗や紫外線での頭皮ダメージにより秋は抜け毛が多くなる季節でもあります。抜け毛でお悩みの場合は、相談者さんのご自宅の近くの脱毛専門のクリニックや総合病院内に脱毛外来があるかお調べになられるとよいと思います。(看護師)

育毛の基本は生活習慣。普段の生活から改善してみるのも一つの方法

髪の毛に栄養分がしっかりと行き渡ることが重要です。必要な栄養分を摂取するほか、血行を良くしたり、頭皮の細胞を活性化させることを心がけましょう。

育毛の基本は普段の食事や生活習慣にありますので、医療に頼る前に日常生活を見直してみるのはどうでしょうか?やせた土地に野菜が育たないのと同じく、体のバランスが整っていないと育毛はできないと思います。(看護師)
髪の毛への栄養、すなわち頭皮への血流なども関係します。たんぱく質をしっかり摂取しタバコやお酒などの嗜好品などは控え、頭皮の細胞を元気にすることも大事です。また、シャンプーをする時に頭皮マッサージで血行をよくし、ストレスを溜めないよう睡眠もよくとることをおすすめ致します。(看護師)

また、看護師さんが育毛に必要な成分を教えてくれました。

1.タンパク質
植物性の蛋白質、大豆や豆乳、また魚介類から積極的に摂りいれましょう。お肉も適度に食べてもいいと思いますが、脂肪分は控えれるよう調理を工夫したほうがいいでしょう。

2.ミネラル
ミネラルは、魚介類に多く含んでいます。魚や貝や海藻類などを多く取り入れた食事をしましょう。

3.ビタミン
ビタミンは、緑黄色野菜や果物から取る事が可能です。

4.そのほかの成分
黒酢や甘酒、赤ワインなどに含まれるALAという栄養素は体内のミトコンドリアの代謝を高め、血流をよくする作用があります。

適度な睡眠・運動も大切ですね。出来るところからでいいですので、始めてみてはいかがでしょうか。(看護師)

脱毛症専門のクリニックや総合病院の脱毛外来があるため、抜け毛が酷くなったり薄毛が気になる場合はそこで受診すると良いでしょう。治療薬などもありますが、育毛の基本は生活習慣。必要な成分をしっかりとって、健康的な生活を心がけたいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加