イライラしてばかりの大人になってしまった人へ

  • 作成日:2017.01.10
  • 更新日:2017.01.06
メンタル

年齢を重ねるにつれてイライラしやすくなっているという方は少なくないでしょう。これは性格によるものなのでしょうか。もし、そうでなければ、どのようにして改善すればいいのかを専門家にお聞きしました。

50代男性からの相談:「若い時よりイライラしやすくなっています。性格なのでしょうか」

「年を取ると、人間は丸くなる」とよくいいます。確かに同世代の友人や年長の知り合いを見ていると、若い頃に比べて角が取れて、穏やかな人格を築いている人がほとんどです。
それにひきかえ、この私には年功による変化、人間的な成長がまったくありません。私は神経質で、せっかちで、すぐにイライラしたり怒ったりする性格なのですが、それは20代の時から変わっていません。むしろ、若い頃よりもイライラしやすくなったような気さえしています。
どうして私は、他の人のように人間的に成長することがないのでしょうか。死ぬまでこの性格は変わらないのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう
>>キレないために! 怒りを鎮める3つの方法

自らの価値観を無意識のうちに他人に押しつけていませんか?

苛立ちを感じるということは、自分の思い通りに物事が進まないことが要因の時もあります。自分の意思が届かないところで思惑を外れて起こることにイライラを感じているのであれば、自分自身に問題があるかもしれません。

年齢を重ねるにつれて、イライラしやすくっているのですね。そのイライラは、何に対してイライラを感じているのでしょうか?(看護師)
人に対してイライラを感じてしまう気持ちの1つに、「こうあるべき」という価値感があなたの中に強すぎるために生じる場合があります。例えば、「目上の人にあいさつをすべき」とか「○○は当たり前」という考えが若い時よりも強くなってしまう方は相手が自分の思うような反応を見せないことでイライラしてしまうことになります。(看護師)
年齢を重ねて穏やかになる方は、自分の中の「べき」を上手に対処できた人が多いようです。(看護師)
若い頃より角が取れるようになったのは、様々な経験をしてきて興味を抱く割合が減ってくるためと、細かいことは、流す技術が磨かれているためだといわれています。(看護師)
相談者さんが頑張って生きてきたようには頑張れない人もいますし、今は多様な価値観が存在する時代になってきました。イライラを感じた時に、「何が自分をイライラさせているのか?」を分析することをおすすめします。(看護師)
自分が何に対して怒りを感じ、それが本当にイライラすべきことなのかを考えていく中で、相手や物事を許せる範囲が広がってくると思います。試してみて下さい。(看護師)

男性更年期障害の可能性も考えられる

加齢に伴いホルモンバランスが崩れているかもしれません。そうした場合は、医療機関で治療することも視野に入れましょう。

相談者さんの場合ですと、年齢から考慮して更年期障害の可能性もあります。加齢とともに男性ホルモンは減少していきホルモンバランスが崩れるためにイライラしてしまうことがあるのです。(看護師)
更年期障害の場合は、女性のイメージが多いですが、最近では男性でもなることがわかっています。一度は、更年期障害の診察ができるところに受診をされてもいいと思われます。(看護師)
他にも、イライラを止める方法があります。はじめのころはうまくできませんが、徐々に訓練するとイライラがコントロールできるようになります。方法はいたってシンプルで、イライラしたときに深呼吸し、なぜこのようなことをしたのかを理由を探すことです。これを続けることでイライラも落ち着いてくると思われます。(看護師)

物事を解決するには、原因を追究しましょう。人に対するイライラは、自分自身の心の持ちようを変えることで軽減されるでしょう。ついついイライラしてしまい、その状況を改善したいと考えているのなら、心に余裕を持てるような工夫を凝らしていくことも必要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。