おたふく風邪から知覚過敏になることはあるのでしょうか?

  • 作成日:2016.12.28
  • 更新日:2016.12.27
健康

おたふくかぜをひいてから、知覚過敏に悩むようになったという相談者さん。おたふくかぜが知覚過敏をひき起こすことなどあるのでしょうか。専門家に聞きました。

30代男性からの相談:「おたふくかぜが知覚過敏を引き起こすことはありますか?」

知覚過敏について質問です。
大人になってからおたふくかぜをひきました。程なくしておたふくかぜは治ったのですが、その直後から左右とも上の奥歯がとてもしみるようになり、冷たい水や温かい液体だけなく甘いものもしみるようになりました。
しかし歯科の大学病院で見てもらっても知覚過敏としか取り合ってもらえず、未だに歯がしみています。素人ながら変化点や因果関係ははっきりしているように見えるのですが、このような症例は他にないのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう
>>奥歯が冷たい水で痛くなる…知覚過敏への対処法とは

おたふくかぜで知覚過敏が起こる可能性はある

専門家はおたふくかぜで知覚過敏が起こる可能性はあると考えています。その理由について伺いました。

大学病院での診断ということですので、十分いろいろ調べた上でご本人の感覚以外の症状は見られなかった、ということだと思います。とすると、やはり知覚過敏であると考えるのが妥当でしょう。(歯科医)
おたふくかぜの後に、知覚過敏の症状が出てきたとのことですが、知覚過敏には様々な原因があります。知覚過敏は体調の良し悪しなどにも左右され、風邪をひいたときや、疲れが溜まっている時などにその症状が強く感じられるということもよくあります。(歯科衛生士)
知覚過敏を生じた時期については、おっしゃられている通り、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)が関連していそうですね。おたふくかぜの影響で、歯の周りの組織に炎症が起きることによって、奥歯に痛みを感じ、おたふくかぜが治ると歯の痛みも治まる、ということはしばしばあるようです。(歯科医)

知覚過敏を放置することで歯を失うかもしれない

知覚過敏をそのままにしておくと、歯を失ってしまうかもしれないと専門家はいいます。そうならないように、早めの対策を打っておきましょう。

おたふくかぜは口腔内にも症状が出る疾患であるとともに、身体の抵抗力も低下しますので、知覚過敏の症状が出るということも十分に考えられます。そのため、このようなおたふくかぜが知覚過敏を引き起こすことは、おたふくかぜによる身体の抵抗力低下、その間の口腔内の清掃不良などから「ある」と考えられます。(歯科衛生士)
おたふくかぜの症状が激しい間はそちらの方があまりにも大変すぎて歯の感覚は気にならず、おたふくかぜの主症状が治まって初めて歯の痛みに気がついた、というところではないでしょうか。(歯科医)
大学病院で知覚過敏と診断されたとのことですが、知覚過敏の症状は悪化すれば歯の神経を取ることもあります。知覚過敏を悪化させないように治療、対策を行うことをお勧めします。(歯科衛生士)

おたふくかぜで知覚過敏が起こることはあり得るようです。そして、知覚過敏を放置することには百害あって一利なし。早めの対応が必要になります。ただ、一つ注意しておきたいのは、今回のような当て推量を常に頼りにしないことです。自己判断によって自らの首を絞めてしまうケースは多々あります。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。