健康

2017/01/04

料理を目の当たりにするという体験はサプリに勝る

料理を目の当たりにするという体験はサプリに勝る

1日に必要な栄養素を摂れていますか? 足りない分すべてをサプリメントで補うのは、問題があるのでしょうか。サプリメントに頼り切ってしまうことで、どのようなことが起こるのでしょうか。

20代男性からの相談:「サプリメントに頼った生活はよくないですか?」

食生活に気を使っているのですが、現代では1日分の栄養素を摂取する事が難しいといわれています。
そこで私もサプリメントを利用して摂取量に気を付けながら食事を摂っているのですが、サプリメントに頼った生活はやめた方がいいのでしょうか。
様々な会社から販売されていますし、オーガニックのものも出ているので安心しきっているのですが、摂取のしすぎは栄養素の吸収率を下げるとも聞きます。
この生活を続けてもいいのか是非アドバイスを下さい。

似た質問もチェックしてみましょう
>>健康のためには1日350gの野菜…じゃあ、重い野菜だけでいいの?

サプリメントはあくまで補助的な役割

サプリメントで栄養を補うのは悪いことではありませんが、それに頼り切るのは問題といえそうです。

忙しい現代社会では、必要な栄養素を十分摂れていない方も多く、飽食時代の栄養失調といわれていますので、1日に必要な栄養素を確保するために、サプリメントを活用するのはいい手段です。(薬剤師)
ただし、サプリメントはあくまで足りない栄養素を補う目的で摂るものです。サプリメントに頼りすぎて、普通の食事を疎かにしてしまうと、本来食事から摂れるはずのバランスのいい栄養素が偏ってしまいます。バランスのいい食事から栄養素を摂ることが理想であることは忘れずに、定期的に食生活を見直してみるといいでしょう。(薬剤師)

料理に触れるという体験が身体の健康を促進する

サプリメントと料理、あなたはどちらを欲しているのでしょうか? サプリメントでは、おいしいものに出会えたという感動は起こらないでしょう。

サプリメントとは、栄養補給の補助的な役割をするものです。食生活に気を使っていらっしゃるということですので、栄養バランスの取れた食事をされて、それでも不足する栄養素をサプリメントで補っていると推察されます。(薬剤師)
そのようなサプリメントの利用の仕方であれば、継続されても問題はないのではないかと考えます。ただし、本来、料理を見たり、おいしそうな匂いを感じることによって、胃腸の働きが活発になり、栄養素の吸収もよくなりますが、サプリメントでの摂取では、この効果は望めないため、体内への吸収率が、食事による摂取に比べ落ちる場合があります。(薬剤師)

サプリメントを摂る場合は、摂取量を守ろう

サプリメントといえども、過剰摂取は毒になることもあります。また、他の服用薬との飲み合わせも重要になってきますので、薬剤師に相談するといいでしょう。

サプリメントがメインにならないよう、できるだけ、食事による栄養補給を心がけていくことは大切です。(薬剤師)
サプリメントを常用していただくことに問題はありませんが、必ず、1日の摂取目安量を守り、お薬などを服薬される場合は、薬剤師に飲み合わせを確認するようにしてください。(薬剤師)
数種類のサプリメントを服用する場合は、ビタミン類など重複がないかご確認ください。特に脂溶性ビタミンは、過剰症がありますので、注意が必要です。(薬剤師)

効率を重視される現代社会です。しかし、それは仕事を進める上では大切かもしれませんが、日々の生活を送るうえで効率というものは存在しません、無駄だと思えることの中にこそ、大切な何かが眠っているものなのです。料理を通して沸き起こる感動を誰もが知っているはずです。おいしいものを食べ、食感を楽しみ、匂いで高揚する。そうして、実際的な体験はサプリメントにはありません。料理は我々に体験を通して健康を届けてくれるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加