【実体験】亜鉛不足は本当だった…サプリ摂取で改善した症状とは*

  • 作成日:2016.12.22
  • 更新日:2017.08.02
健康

健康には亜鉛が良い、亜鉛には色々な効果があると良く耳にする。

私もアラサーに近づき健康面を意識するようになり、亜鉛について調べ始めたのがきっかけでした。

今回はそんな私が亜鉛サプリを使用し始めるまでに至った一連の経緯をお話ししたいと思います。

 

テレビやネットでよく聞く亜鉛の効果


zinc word on glass and skeleton

皆さんは、テレビやインターネットで一度は『日本人は亜鉛不足である』と耳にしたことはありませんか?

私はテレビなんかで専門家が説明していても『へー、そうなんだ』くらいの気持ちで見ていて特にこれまで亜鉛不足を気にしたことはありませんでした。

しかし、30代手前に差し掛かると健康や数値が気になり出し、健康について調べ始めると、亜鉛は200種類以上もの体内の酵素の働きに必要とされるため非常に大事な成分だという事が分かりました。

実際にそれが多いのか少ないのかは分かりませんが、ネットで亜鉛にはどんな効果があるのか実際に調べてみた所、下記の様な効果が期待されているとの事でした。

  • ● 新陳代謝が向上する
  • ● 精子を作る
  • ● EDが改善に繋がる
  • ● アルコールを分解する
  • ● 血糖値を下げる
  • ● 薄毛・抜け毛対策になる
  • ● 味覚が正常になる
  • ● 疲労回復に繋がる
  • ● ダイエット効果がある
  • ● アンチエイジング効果がある

私が、目にしたのはこんなところでしょうか。難しい内容のものもありましたが、確かに色々な効果があるんだなと思いました。

実際にこれらの効果が本当にあるかは調べただけではわからないですが、アラサーになると気になり出すのがED、肝機能低下、薄毛、メタボといった症状ですよね。

特に私の場合はお酒を飲む機会が多いので、二日酔いや疲労に悩んでいました。

外食も多いせいか、お腹周りも気になり出してきたので、亜鉛にこれらの改善の効果が期待されるのであればと思い、半信半疑ですが摂取しなくてはと積極的に食生活に取り入れ始めました。

 

食事から摂取をしてみた


pixta_10675544_s

よく亜鉛の摂取にはサプリがおすすめとネットで見かけますが、これまで使ったこともないサプリにいきなり手を出すのは少々抵抗もあったので、私は食事からの摂取を試みました。

厚生労働省の2015年の発表によると、亜鉛の1日の目安となる摂取量は成人男性で8mg-10mg程度とされていたので、最低でも1日8mgは摂取しようと試みました。

亜鉛は牡蠣、レバー、牛肉、ビーフジャーキー、卵黄、カニ缶などに豊富に含まれているようで、亜鉛含有量が最も多いとされる牡蠣であれば100gあたり13.2mgの亜鉛を含んでいるとされます。

牡蠣1つあたり可食部を20gとして毎日3-4個食べれば達成できる事になります。

しかし、牡蠣は季節物になるので毎日牡蠣というわけにはいきません。そこで、私が1日8mgを達成するために選び抜いた実際に毎日食べるように心掛けていた亜鉛食材を紹介したいと思います。

食材 ㎎/100g
納豆(1パック50g) 0.95mg
絹ごし豆腐(1/2丁150g) 0.75mg
サバ缶水煮(1缶100g) 1.7mg
卵黄(1個20g) 0.8mg
プロセスチーズ(2個30g) 0.96mg
白米(350g) 2.1mg
鶏むね肉(150g) 0.9mg
合計 8.16mg

これだけの量を1日の朝昼晩の食事に分割して取り入れるようにして、ようやく8mgを超えるのですが、日頃のランチや外食もあるので流石にこれを毎日続けられるかというと正直難しかったです。

それでも、量的に食べるのが比較的に苦にならない納豆、豆腐、卵黄、サバ缶は毎日必ず摂るようにして、4.2mgは死守していました。

ランチも唐揚げ定食、生姜焼き定食などにして、外食時は意識的に亜鉛を多く含む牛肉なんかを食べて補給していましたが、それでも毎日8mg以上の亜鉛を食材から摂取できていたか正直わかりません。

しかし、亜鉛を積極的に摂るようになってから、気持ち目覚めが以前より良くなった気がしました。

3ヵ月くらい頑張って継続してみた所、目覚めだけでなく、お腹周りも若干スッキリしました。体重計が無いので測ってはいませんが、実際にいつも穿いているジーンズが明らかに緩くなりました。

さらに、お酒を飲んだ次の日も、亜鉛を摂取する前と同じ量を飲んでいるにも関わらず、頭痛がなくなり二日酔いの症状が軽くなりました。

つまり、それまでの私の食生活では亜鉛が不足していたのだとこの時初めて実感しました。

しかし、私が3ヵ月続けた食事からの亜鉛の摂取は継続するには向かないというのが正直な感想です。

皆さんもそうだと思いますが、『今日のランチはラーメンがいいな』、『今夜はちょっと焼き鳥つまんで帰ろうかな』と毎日その日に食べたい物を食べたいと思いますよね。

これではある意味食事制限している事になってしまい、私は逆にストレスを感じてしまいました

さらに、仕事終わりの疲れている時に毎回同じ食材を買い出しに行くのが段々と億劫になりましたし、手頃な食材を選んだつもりですがよくよく考えて計算してみると意外とコストが掛かっていた事に気が付きました。

例えば、私が3ヵ月間欠かさず食べ続けた食材で計算すると1日あたりのコストは以下のようになりました。

食材 価格
納豆(1パック) 30円
絹ごし豆腐(1/2丁) 30円
サバ缶水煮(1缶) 100円
卵黄(1個) 20円
合計 180円

たった4.2mgの亜鉛を毎日摂取するだけでも最低1日180円掛かっていました。しかもこれでようやく摂取目安量の半分です。

目安となる8mgを摂取するなら単純に倍の量で計算しても1日360円も掛かってしまうのです。

私は食材を選ぶ際、コスパも考えて組み合わせをしたのですが、食材から亜鉛を毎日目安量摂取するには結構コストも掛かってしまうのです。

仮に上記にある1つの食材のみで毎日目安量を摂取した場合、どうなるか単純に計算してみました。

食材 単価 亜鉛 合計
納豆 30円 9パック 8.5mg 270円
絹ごし豆腐 30円 5丁半 8.25mg 330円
サバ缶水煮 100円 5缶 8.5mg 500円
卵黄(1個) 20円 10個 8.0mg 200円

こうやってみるとコストを一番抑えられるのは卵黄ですが、卵黄はコレステロールが半端なく高いので毎日10個も食べられません。

次に安い納豆ですが、納豆好きの私でもさすがに毎日9パックというのは多すぎますね。

豆腐に至っては、1.6㎏も食べないといけないので論外です。

こうしてみると、亜鉛は色々な食材からバランスよく取り入れる方が食べる量的にもコスト的にもいいと私は感じました。

しかし、私が選んだ食材で亜鉛をたった4.2mg摂取するだけに毎日180円掛かり、8mg以上となるとそれ以上にコストが掛かります。

仮に8mgの亜鉛を毎日摂取するのに350円掛かっていたとしたらどうでしょうか。

350円×30日=10500円

1ヶ月で亜鉛の摂取の為に1万円以上費やしてしまう事になるのです。

振り返ってみると私もこれくらいは使っていたと思います。こうして、亜鉛を摂取するには手間も費用も掛かると実感したため、私は亜鉛サプリを試してみることにしたのです。

 

遂に亜鉛サプリを買ってみた


亜鉛サプリを買おうと決意してネットで調べたけど、実際にどれがいいかなんて最初は分からないし、とりあえずお酒を飲むので肝機能や二日酔いに良さそうなのを選んで買うことにしました。

コストは大体どれも1ヵ月分で初回は1,000円、次回以降は3,000円くらいだったので価格的に相場はこんなもんなんだなと思いとりあえず直感で良さそうなのを買いました。
私が選んだ亜鉛サプリはコレ!

試してみない事には実際の効果は分かりませんが、送られてくるので食材を買いに行く手間が省けるし、コストも1日あたり100円程度なので食材から摂るより圧倒的に安く済みました。

届いてからすぐに毎晩就寝前に飲み始めましたが、最初の1週間はあまり効果を感じなかったのが正直な感想ですね。

しかし、2週目くらいからは目覚ましより早く起きる事が増え、寝起きのだるさが抜けてスッキリ起床出来るようになりました。これまで3ヵ月間、食材から必死に亜鉛を摂取して目覚めの改善はあったのですがさらに向上したと感じています。

そして、最も驚いたのはお酒を飲んでも次の日に二日酔いにならない日が圧倒的に増えた事です。しかし、特段お酒の飲む量を変えたわけではありません。宴会などで遅くまで飲んだ日は流石に完全には抜けませんが、普通の飲み会などでお酒を飲んだ次の日は大体スッキリと目が覚めるようになり、亜鉛のアルコール分解パワーを感じています。

冬場も身体がポカポカしているせいか例年より薄着で過ごしていて、もしかしたら体温が上がり代謝も改善しているのではないかと思っています。

私はED、薄毛ではないため、そちらの効果はイマイチ感じていませんが、精子の量は増えた気がしますね。(なんとなくですが…笑

最初は抵抗あったサプリですが、飲み始めてみると1日数粒ですし食材から摂取するよりはるかに手頃で楽なので今では愛用しています。

これはあくまで私が行った実際の体験なので、人によって感じる効果の大小は違うかもしれません。

亜鉛サプリにも色々と種類があるので、亜鉛不足かなと感じている方は自分の目的に合ったものを選び、食生活に取り入れて亜鉛不足の不足を解消してみて下さい。

但し、過剰摂取は嘔吐などの副作用を起こす原因となるためNGになりますので、牡蠣や焼肉を食べた日など、亜鉛を多く摂った日はサプリの飲む量を減らして調節し下さい。

 

種類が豊富な亜鉛サプリの紹介


最後に亜鉛不足に方におススメのサプリをいくつか紹介しておきますので、参考にして食生活に取り入れてみて下さい。

肝機能向上にはこちらがオススメ


【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】

○おすすめポイント○

⇒期間限定!先着1000名様のみ!

⇒広島県瀬戸内海産のぷりぷり牡蠣エキスを使用!

⇒圧倒的含有量!1日分で亜鉛16㎎!

⇒2015年亜鉛サプリメントランキング第1位!

○価格○

■初回限定:980円(税別)

■次回以降:2,980円(税別)

公式サイトで購入 26819

 

【オルニパワーZnプラス】

○おすすめポイント○

⇒業界トップクラスのオルニチン配合量!

⇒活力の源、亜鉛を12㎎配合!

⇒薬剤師がバランスを考え栄養素をブレンド!

⇒身体にしっかりと浸透させるアスタキサンチンを配合!

○価格○

■初回限定:980円(税込)

■次回以降:3,480円(税別)

公式サイトで購入 26819

 

ED・精力改善にはこちらがオススメ


【生牡蠣すっぽん】

○おすすめポイント○

⇒97%のユーザーが効果を実感!

⇒厳選11種のパワフル成分配合!

⇒肥後のすっぽんはアミノ酸含有量が圧倒的!

⇒こだわった広島産高級の牡蠣を贅沢に使用!

○価格○

■初回限定:500(税込)(送料)

■次回以降:7,350円(税込)

公式サイトで購入 26819

 

【マカ&クラチャイダム12000プラス】

○おすすめポイント○

⇒楽天ランキングで7冠達成!総合第1位を獲得!

⇒マカ・クラチャイダムの配合量が圧倒的!口コミランキングで第1位!

⇒驚愕の90%以上のリピート率!

⇒2016年モンドセレクション銀賞を受賞した高品質実力派サプリ!

○価格○

■初回限定:990(税抜)(送料)

■次回以降:3,600円(税抜)

公式サイトで購入 26819

 

ED向けの方がアミノ酸等のサポート成分が豊富に入っているため、肝機能向けの物より少し高額な傾向にありますね。

しかし、私の経験からいくと、1ヶ月1万円以上掛けていた事になるので食材を買って摂るよりも安価で効率的と思います。

繰り返しになりますが、目的に合わせて気に入ったサプリを試してみて下さい。

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。