永遠のテーマ「歯磨きのタイミング」について専門家に聞いてみた

  • 作成日:2016.12.24
  • 更新日:2016.12.21
健康

歯磨きのタイミングで悩んでいる方は多いでしょう。というのも、色々な説が飛び交って混乱してしまうからです。では、ここで決着をつけましょう。いつ歯を磨けばいいのか、専門家にお聞きしました。

30代男性からの相談:「歯磨きをする最も適しているタイミングは?」

歯を磨くタイミングの是非が分かりません。
私は、歯周病を予防するため、数年前から歯のメンテナンスを強化しています。3ヵ月に1回は歯科医院に行き、歯垢を取り除いてもらっています。
また、歯磨きは歯間ブラシも併用し、丁寧なブラッシングを心がけています。しかし、歯磨きをする効果的なタイミングについて様々な有識者に聞いても、見解が分かれています。
就寝前後どちらがいいのか、食事前後どちらがいいのか、を明確に把握したいです。

似た質問もチェックしてみましょう
>>教えて!朝の歯磨きのベストタイミング

歯磨きのタイミングには諸説あり

専門家の間でも適切な歯磨きのタイミングについて色々な考えがあるといいます。

歯磨くをするのに最も適しているタイミングに関してのご質問ですが、確かにこれは歯科医師、歯科医院によっても見解が分かれる部分です。(歯科衛生士)
以前は、食後すぐに歯磨きをといわれていましたが、最近では食後30~40分がいいともいわれていますし、朝は、朝食を取る前に歯磨きをともいわれるようになってきました。(歯科衛生士)
と、いうことで、このご質問に関して明確な回答をするのは難しいのですが、確実にいえることは就寝時には、必ず歯を磨いた状態であることが歯周病、虫歯予防のためには重要になってきます。(歯科衛生士)

両者の見解は一致! 歯を磨くべきタイミングは…

専門家お二方にご意見を伺いましたが、最も効果的な歯磨きのタイミングについては、両者とも見解が一致しました。

細菌は寝ている間の口腔内で大量に繁殖します。なので、起床時の歯磨きも必要といわれているのです。ですので、一番効果的な歯磨きのタイミングといわれれば、私は就寝前であると思います。(歯科衛生士)
就寝前後のどちらがいいかといわれれば、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防など、どのような観点から見ても断然就寝前です。(歯科医)
就寝中には唾液の分泌が少なくなり、お口の中では細菌が繁殖しやすい状態が長時間続きます。ただし、歯磨きにはリフレッシュ効果やメラトニン分泌を抑制する作用があるといわれていますので、できれば就寝の約1時間前までに終えておいた方がよいでしょう。(歯科医)

歯磨きは基本食後

就寝前以外の歯磨きのタイミングも意見が分かれるところです。そこは、個人のライフスタイルに合わせるのが一番なのではと専門家はいいます。

次に食事の前か後かですが、健康な方の場合は基本的に食後です。高齢者などで、起きている間も唾液の分泌が少なく細菌が繁殖しやすい状態が1日中続いている、しかも飲み込みがうまくできずに誤嚥性肺炎のリスクが高い、といったような場合は、食前です。生命にも関わることですので毎食前にお口の中の細菌を極力減らしておく必要があります。(歯科医)
意見が分かれるところは、朝食の前か後かと、食後すぐか少し時間を置いてからかというところです。朝の時間の使い方、一緒に食事をしている人たちとのコミュニケーションと歯磨きのタイミングとどちらが大事かといったことでもベストといえる歯磨きのタイミングは違ってくるので、ご自身のライフスタイルや価値観で判断していただくのがよろしいかと思います。(歯科医)

歯磨きは、まずは就寝前に行うのがいいでしょう。就寝中の口内環境から、寝る前の歯磨きが重要であることが考えられます。その他のタイミングについては、基本は食後と考え、あとは個人のライフスタイルに合っているかによって判断するのが望ましいかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。