健康

2016/12/22

高血圧と手足のしびれは関係がある?

高血圧と手足のしびれは関係がある?

たまに手や足にしびれを感じるという経験はありますか? その原因はいったい何でしょうか。今回の相談者さんはそれが高血圧によるものではないかと考えています。医学的に見るとどうなのでしょうか?



質問「たまに感じる手足のしびれは高血圧が原因ですか?」


若いころから血圧が高めでした。タバコも酒も好き、味の濃い料理が好きという生活習慣が、その原因だったと思っています。年齢的なこともあり、タバコは数年前にやめましたし、料理もできるだけ薄味のものを食べるようにしています。ただ、酒だけは相変わらず飲んでいます。

ところで、去年ぐらいから、ごくたまにではありますが、手がしびれることがあるのです。「手足のしびれは高血圧の症状である可能性がある」という話を聞いたことがあるので、ちょっと心配です。

私の手のしびれは高血圧が原因なのでしょうか。やはり、お酒はやめないといけないのでしょうか。(50代男性)

高血圧が原因で手足がしびれることはある


26542_高血圧が原因で手がしびれることはある

専門家によれば、高血圧がしびれを引き起こすことがあるといいます。そのメカニズムについてご説明いただきました。

高血圧の症状の1つにしびれがあります。その理由は、高血圧により動脈硬化となり細い末端の血管の血流が悪くなるためといわれています。手のしびれだけで高血圧かどうかを判断することはできませんが、若い頃から血圧が高いとのことですので、可能性としては考えられます。(看護師)
高血圧になると動脈硬化が進行します。動脈硬化は手足の細かい血管から進みます。手足のしびれの原因はそのためかもしれません。(看護師)
高血圧の診断は、一度の測定値ではできませんので、1日2回(起床時と就寝前)の血圧測定を行い、1ヵ月ほどのデータを持って内科を受診するのがいいでしょう。(看護師)

高血圧の場合はDHA・EPAを摂取


26452_高血圧の場合はDHA・EPAを摂取

血圧を下げる方法としては「食生活の改善」「運動」「サプリ」「薬」などの方法があります。基本的には減塩など食生活を見直すことで改善ができるのですが、サプリメントを併用することで、より効率的に血圧を下げることができるでしょう。

降圧作用のある成分としては、DHA・EPA(オメガ3脂肪酸)です。この成分はサバやアジ、イワシなどの青魚に多く含まれており、摂取すると固くなっている血管をしなやかにしてくれます。さらに、血液をサラサラにする働きもあるため、高血圧が改善されやすくなるのです。

このDHA・EPAは1日に1,000mg摂取を推奨されていますが、欧米化の食生活になった今、足りていない人がほとんどです。しかし、このサプリメントには500mg(1日4粒)含有されていますので、簡単に摂ることができちゃうのです。


※血圧を下げる方法を詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。
>>血圧を下げるにはどんな方法がある?上が130を超えたら注意!


高血圧以外にもしびれが起こることがある


ただし、しびれを引き起こすのは高血圧だけではありません。ほかにも重大な病気が隠れている可能性があります。

しびれが片側だけや話しにくい、足や手が重いと感じる場合は、脳梗塞の可能性もあります。また、肝臓や関節、神経が原因でもしびれは出てきます。(看護師)
高血圧が長く持続すると脳血管、心疾患のリスクは上がっていきます。10年後も今の生活を持続したいと思うなら受診して精密検査、治療を開始することをお勧めします。(看護師)

酒量はきちんとコントロールすること


26452_酒量はきちんとコントロールすること

お酒は適量であれば身体にいい効果をもたらすと考えられています。しかし、量を誤れば高血圧の原因になってしまいます。しっかりとお酒の量をコントロールしましょう。

減塩での高血圧の効果は実証されています。アルコールは適量なら問題ありませんが、おつまみは塩分を控え目にして、カロリーを摂り過ぎないようにすることが大切です。

減塩、脂質、糖質を控えてバランスの良い食事、適度な運動をお勧めします。(看護師)
高血圧とお酒の関係はちょっと複雑で、少量のアルコールは血管を拡張させて血圧を下げる効果がある反面、飲み過ぎは高血圧を誘発します。

どうしてもお酒をやめられない場合には、適量(エタノール換算30ml 例:1日にビール瓶1本未満まで)にして、休肝日を週に2回は作るようにしましょう。(看護師)

まとめ


手足のしびれには高血圧だけでなく、様々な要因が考えられます。身体のことを考えると、早めに検査を受けるのがいいでしょう。

また、お酒との付き合い方を考え直すいい機会ですので、日々の生活習慣を改善してみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加