健康

2014/12/03

痔の手術って、そんなに入院しなきゃいけないの?

痔の手術って、そんなに入院しなきゃいけないの?

何カ月も痔の痛みに苦しんでいる男性。手術が必要かもしれないと思っていますが、仕事が忙しく、何日も入院するようなら手術は無理ではないかと会社にも相談できずにいます。痔の手術には、一般的にどれくらいの日数がかかるのでしょうか。

30代男性からの相談:「痔の手術にかかる期間」

痔が現在悪化していて、数カ月治りません。市販薬は使っていますが、これを使用しても治りません。おそらく手術をしないといけないと思うのですが、仕事が忙しくてなかなか何泊か入院するような手術は難しいと思います。恥ずかしくて会社では聞きにくく困っていたのですが、痔の手術は短時間で終わるでしょうか。それともやはり数日間は必要ですか。なるべく早く終わる手術を教えてください。

手術の判断や入院日数は患部の状態次第

手術の要不要や手術の際に何日くらい入院が必要かは、それぞれの状態によって違ってくるそうで、一概に「入院は何日」と答えるのは難しいとのこと。医療機関を受診して、診断を受けてみないことにはわからないようです。

患部の状態によってさまざまなパターンがあるとしか申しあげられません。痔核が外側にあるのか、内側にあるのか、またその数はいくつあるのかなどによります。軽ければ日帰り手術の可能性がありますが、状態によっては数日入院が必要なこともあります。(薬剤師)
日々の生活に影響を与えやすい病気ですので、手術の必要の有無、所要日数を含めてきちんとした診断をもとに専門医と相談することをお勧めします。(薬剤師)
診察を行った上で、治療の必要のないもの、薬での治療が適切なもの、日帰り手術が適切なもの、または入院手術が必要なものなどと判断がなされます。もちろん、患者さん自身の希望も考慮してくれます。(薬剤師)

病院ではどんな診察になる?

初診の際はまず痔の症状を詳しく聞かれ、必要に応じて以下のような診察が行われるようです。

初回の診察では、まず痛み・出血・かゆみ・痔の状態・排便状況などについて細かく状況を聞かれます。病院によってさまざまですが、診察は症状に応じて以下のようなことが行われます。
・視診(肛門および周囲の状態の観察)
・指疹(手袋をつけ、ゼリーで潤滑させた指を肛門内に挿入し、肛門直腸に触れて診察)
・肛門鏡(肛門診察用の特殊な小さい器具を使っての診察)
・直腸鏡(専用の器具で直腸下部までを診察し、肛門以外の病気を確認)
通常は痛みはほとんどありませんが、切れ痔や膿がたまっている場合は、もともとの痛みが診察の時に出てしまうことがあります。(薬剤師)

本人にしかわからない痔の痛み。長引けば長引くほど、日常生活や会社勤務にも影響してしまいます。まずは、医療機関を受診し、どういった痔なのか知った上で治療方法を相談してみるのが悩み解消のための一番の近道のようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加