奥歯が冷たい水で痛くなる…知覚過敏への対処法とは

  • 作成日:2016.12.23
  • 更新日:2016.12.20
健康

奥歯が知覚過敏になり、冷たい水を飲むのも億劫になっているという相談者さん。この知覚過敏の原因はいったい何でしょうか。専門家に推測していただきました。

10代男性からの相談:「知覚過敏への対処法を教えて下さい。」

歯について質問があります。
私はもともと歯並びもよく歯においてはなんの問題もないと思っていましたが、最近になって冷たいものを食べると一部の歯だけ痛くなります。おそらく知覚過敏だと思います。
最初はアイスなどとても冷たいものしか痛くならなかったのですが、最近になって少し冷たい水などでも痛くなることがあります。両サイドの奥歯が痛くなります。
なので前歯でしか冷たいものは食べられないのですが、どうにかにして少しでも治すことはできないでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう
>>歯の痛み、少しの違和感なら歯医者に行かなくて大丈夫?

推測1・親知らずによる知覚過敏

親知らずが生えてくることで知覚過敏が引き起こされることがあるといいます。

年齢から考えると、親知らずの周囲の歯肉の炎症や、親知らずが生える力に押されてその前の歯の噛み合わせが変化したことによる知覚過敏、といった、親知らずが生えてくる時期特有の症状である可能性が高いです。(歯科医)
親知らずによる知覚過敏だとすると、しばらくすれば自然に治まってくると考えられます。(歯科医)
歯は生えてきてから3年くらいの間は、まだ表面が弱いために虫歯になりやすいです。6歳臼歯といわれる奥歯はその名のとおり6歳ごろに生えてくるのですが、そのすぐ後ろの奥歯(親知らずのすぐ前の歯)は13歳ごろ、親知らずは17歳ごろと、かなり遅い時期に生えてきます。ご自身で鏡で見たりした程度ではなかなか確認しにくい部位にある歯ですので、これらの歯が虫歯になってしまっている可能性も否定できません。(歯科医)

推測2・噛み合わせが深すぎて知覚過敏に

噛み合わせが原因となって知覚過敏が起こるケースもあるといいます。

知覚過敏が奥歯に限局しているということ、歯並びがいいということ、ご年齢から推測して、おそらく奥歯のかみ合わせが深すぎること、噛め過ぎていることが原因で起こっている知覚過敏であると考えられます。(歯科衛生士)
歯並びがいいとのことですが、噛み合わせが深すぎるということはありませんか? 前歯をかみ合わせたときに上の歯で下の歯が隠れてしまうような噛み合わせ、もしくはよく見ると前歯同士が当たっていないようなかみ合わせであれば、ほぼ間違いなく噛み合わせが原因の知覚過敏です。併せて歯ぎしりや食いしばりがあるようであれば間違いありません。(歯科衛生士)
噛み合わせが原因である場合には、マウスピース療法が有効ですので、歯科医院でご相談をされることがお勧めです。また、このような場合でないのであれば、まずは知覚過敏用の歯磨き粉を使用すると少し症状が改善するかもしれません。(歯科衛生士)

専門家の方には相談者さんの質問に書かれている情報を頼りに原因などを推測していただいていますが、今回は知覚過敏の原因について二通りの答えを頂くことができました。これはあくまで可能性ですので、しっかりとした検査を行い、知覚過敏を改善していきましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。