口臭で嫌われていないか心配…治療するにはどうすれば?

  • 作成日:2016.12.21
  • 更新日:2016.12.20
口臭

自分の口臭でまわりの人に嫌な思いをさせていないだろうか? 嫌われていないだろうか? そんな悩みを抱えていませんか? まずは落ち着いて口臭の原因から正しい知識をチェックしましょう。

30代男性からの相談:「口臭治療のアドバイスをください」

周囲の人に相談できない悩みは口臭です。自分でも今口臭がきつい状態かなあと気づく時があり、頻繁に歯みがきしたりうがい薬でうがいをしたりしていますが自分の口臭がとても気になります。
他人に私口臭しますかねえとか普通に聞くことはできないので悩んでいて、聞いたところによると歯医者さんで口臭測定する機械が置いてある所もあるようなので受診してみようかとも考えています。
口臭の治療としてはどうすればいいかアドバイスお願いします。

似た質問もチェックしてみましょう
>>口臭の原因と消臭に効果的な3つの方法

生理的な口臭なら問題視する必要なし

専門家は口臭は誰にでも起こるものだといいます。病気を原因とする口臭でなければ、相談者さんが現在行っている対策で十分だそうです。

口臭の悩み、つらいですね。口臭は、健康でも生じる生理的な口臭と、病気によって生じる病的な口臭の2つにわけられます。(歯科医)
生理的な口臭とは、主に食後の口臭や朝起きたときの口臭をいいます。ニンニクが代表的ですが、食品によっては口臭の原因になります。また、朝起きた時は、誰でも口臭を発するものです。こうした口臭であれば、心配することはありません。(歯科医)
現在、ご自身で行っておられる、頻繁に歯磨きをする、うがい薬でうがいをするなども、口臭対策には有効ですので、続けていただくとよいかと思います。(歯科衛生士)

歯や内臓の病気が原因ならば、治療が必要

口のニオイの根源は口の中にある場合が多く、中でも歯周病は考えられる原因の代表格といえます。歯科医院での検査を行うことで原因を突き止められるかもしれません。

病的な口臭であれば、治療をしなければなりません。病的な口臭でまず疑うのは、歯周病からの口臭です。歯周病は歯周病菌が原因で起こる病気です。歯周病菌はニオイを発生させる原因になります。(歯科医)
口臭の治療としては、その原因が歯周病であれば、歯周病の治療、虫歯であれば虫歯治療など原因を改善する治療を行っていきます。(歯科衛生士)
歯周病からの口臭でない場合は、内科的な病気を疑います。糖尿病や腎臓病には、独特な口臭を伴うことがあります。そこで、まずは、歯周病からの口臭を考えて歯科医院を受診することをお勧めします。歯周病からの口臭であれば歯周病の治療を行なうことで改善できます。(歯科医)
歯周病が原因と考えにくい場合は、内科を受診して全身的な病気がないかどうかを診てもらいましょう。(歯科医)

その口臭は幻かもしれない…

ないはずのニオイを感じて悩みを抱えてしまう病気があるようです。そのため、機械での口臭測定は非常に有用だといいます。

口臭の治療にはいくつか種類があります。しかし、どの場合にもまずは口臭の原因を調べることになるでしょう。おっしゃられるように、口臭を測定する機械のある医院もあるので、そのような医院を受診するというのもいいでしょう。(歯科衛生士)
なお、口臭には自臭症(じしゅうしょう)という、本当は臭わないけれど、自分で臭っていると思い込んでしまう病気があります。もし、このような状態なら気にしないことが一番です。(歯科医)
ご自身での自覚症状があるとのことですが、人に口臭を指摘されたことはありますか? もしないようであれば、口臭は自分自身が感じているほどではない可能性もあるので、機械での口臭測定を行うことは有効でしょう。(歯科衛生士)

口臭で悩んでいるのであれば、確認すべきなのは以下のことでしょう。本当にニオイがしているのか? 本当ににおいがしているのなら、その原因は病気か否か? 病気であれば、どのようなものなのか? 原因を突き止めることで、対策も必然的に決まってきます。まずは、口臭を機械で測定してみることから始めましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。