健康

2016/12/20

どうして先に野菜を食べると血糖値の上昇が抑えられるの?

どうして先に野菜を食べると血糖値の上昇が抑えられるの?

野菜を先に食べると血糖値の上昇が緩やかになるという話を聞いたことがある方は少なくないでしょう。それはメディアが流した単なるウワサなのでしょうか? 専門家に事の真相を伺いました。

30代男性からの相談:「野菜を先に食べれば血糖値が緩やかに上がるというのは本当?」

食品についての悩みですがよく最近テレビで食べる順番に気をつけて野菜を一番最初に食べると体にいいと聞きます。
これは野菜を最初に食べると血糖値の上昇の仕方が鈍くなり体にいいらしいですが、本当に野菜を食べたら血糖値の上がり方が鈍くなるものでしょうか?
私も最近野菜を必ず最初に野菜を食べるように心がけるようになりましたがなぜ野菜を食べると血糖値の上がり方が鈍くなるのでしょうか?
その仕組みが分かれば教えていただきたいです。

似た質問もチェックしてみましょう
>>健康ってそもそも何? 健康になれる具体的な数字が知りたい!

野菜が血糖値の上昇を緩やかにするメカニズム

野菜を先に食べるとなぜ血糖値にいいのでしょうか。そのメカニズムを専門家に伺いました。

野菜を先に食べることで血糖値の上昇が穏やかになるということは、統計から証明されています。これは、野菜の食物繊維が糖の吸収を穏やかにして、血糖値の急激な上昇を抑えてインスリンの分泌を少なくするためといわれています。(看護師)
野菜に含まれる食物繊維は血糖値の上昇をゆっくりにし、その後から来る食べ物の血糖値の上昇を抑えてくれる働きをしてくれるのです。(看護師)
糖尿病の人が野菜を食べずに他の白米、副食から食べだすと血糖値は高い数値を維持しますが、野菜を先に食べていくと緩やかに血糖値は上がっていきます。(看護師)
血糖値が急激に上がると多量にインスリンを分泌しなければいけないので、それだけ膵臓にも負担がかかります。膵臓の負担を軽くするので、糖尿病の悪化の予防になります。(看護師)
緑黄色野菜は、糖類を含んでいる米や穀物類に比べると血糖値の上昇は緩やかであるものが多いといわれています。これは野菜に多く含まれている食物繊維が大きな役割を果たしているからです。(看護師)

野菜を食べるだけでは不十分! 味つけに注意を

専門家は単に野菜を取るだけでは不十分だといいます。野菜と一緒に摂ることになるドレッシングや調理方法によっては健康効果は失われてしまうかもしれません。

野菜の味つけには気を付けた方が良いです。野菜炒めにして脂分を多く含んでいたり、脂分の多いドレッシングを多くかけてサラダを食べることや、ポテトサラダなどは先に食べる事で血糖値の上昇を高めてしまいますので、野菜の味を生かした薄味を心がけるようにし、しっかりゆっくりかんで食べるようにしてください。(看護師)
また、ゆっくり食べることで満腹感が得られて、摂取量を減らすことができます。糖尿病の人の脳梗塞、心筋梗塞の発症のリスクになるコレステロールを減らす効果もあります。(看護師)
食事の取り方を変えるだけでも、血糖値のコントロールができた人もいるようです。(看護師)

野菜を取るというのは、誰もが知っている健康法です。しかし、その取り方次第で効果は違ってきます。効果的な野菜の取り方を正しく知ることで、これからの生活に生かせるかもしれません。しかし、健康を意識しすぎることでストレスを抱え、本来の目的とは裏腹に身体に悪影響を受けてしまうこともあります。なにごとも適切な加減を知ることが大切だといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加