立ち仕事で左足のふくらはぎがむくむ…もしかして何かの病気?

  • 作成日:2016.12.18
  • 更新日:2016.12.16
健康

立ち仕事で足のむくみに悩んでいませんか? 今回の相談者さんは左のふくらはぎがむくんでいることで心臓病なのでは、と考えています。片足だけがむくむという状態…どのような原因が考えられるでしょうか。

30代男性からの相談:「左のふくらはぎがむくんでしまう理由を教えて下さい。」

最近左足のふくらはぎが痛むようになり自分ではよくわからないのですが、後ろ姿を他人に見てもらうと痛みのある左足のふくらはぎがむくんでいるように見えます。
1日中立ち仕事で常に足が疲れている状態なのですが、この痛みは単なる疲れと思っていて大丈夫なものなのでしょうか? 私が思うにはむくんでいるように見えるので血流が悪くなっているのではと考え心臓系統の病気ではないかと思ったりします。
足の痛みはたまらないほどではないのですが病院で一度見てもらった方がよいでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう
>>足のむくみの原因には大きな病気が隠れているかも!?

足がむくむからといって、心臓の病気に直結するわけではない

相談者さんが推測する通り、足のむくみの原因として心臓の病気も考えられないことはありません。ですが、むくみ=心臓病という単純な図式ではないようです。

左のふくらはぎが痛む、むくむというから即、心臓が悪いということには結びつきません。姿勢の悪さや血流の悪さは関係しています。(看護師)
どちらかの片方の足だけにむくみが見られる状態のことを局所性浮腫といいます。(看護師)
この場合に考えられる病気としては、代表的なものとしては下肢静脈瘤やリンパ浮腫などがあげられますが、そのほかに甲状腺や、立ち仕事の人で姿勢の悪い人によく見られるのが、腰部脊柱管狭窄症などの腰の異常からくる神経症状や股関節、膝の変形でむくみが起きる場合があります。(看護師)
女性や老人によくみられるのが、下肢静脈瘤です。足の血管に小さい瘤のようなものが見える場合は可能性があります。(看護師)
水分の摂り過ぎ、貧血、高血圧、腎臓病、心臓病などの病気も原因になります。血液検査だけで原因が分かるものもあるので、一度受診されることをお勧めします。(看護師)

血流をよくすることで改善されるかもしれない

むくみは血流が悪くなることで起こります。血流をよくする工夫をすることで、症状が緩和されるかもしれません。ただ、専門家は片足だけむくむというポイントが気になるといいます。

確かに、疲れから足のむくみは良く起こりますが、その場合は両足にむくみが起き、左右差が見られずに足を休ませたり、入浴して足の血行が良くなると改善されることが多いです。ですので、足のむくみの左右差が頻繁に起こり心配なようであれば一度病院に受診してみてもいいかもしれません。(看護師)
血流が悪くなるのは食事、ホルモバランスの乱れなども関係しています。足は第2の心臓と言われていて足の筋肉を収縮させることで、血液を上の方に戻しています。左の方だけあまり動かしていない、体重を左にかけていると血流も悪くなります。(看護師)
むくみが立ち仕事だけの場合は、その場でつま先、踵を動かしていくだけでもむくみ予防になります。また、市販されているチャクアツの靴下を着用しても効果があります。(看護師)

足のむくみは日々の工夫次第で改善できるかもしれません。ただ、相談者さんの状況からは、何らかの病気が関わっていることも考えられるため、早めに医療機関を受診するのがいいでしょう。放置しておくことで悪化してしまう可能性もあるため、しっかりとチェックしてもらいましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。