口臭

2014/12/01

口がクサイ…今すぐできる4つの口臭改善ケア

口がクサイ…今すぐできる4つの口臭改善ケア

口臭は鼻が慣れてしまい自分では気づきにくいものです。今回の相談者の男性は彼女から口臭を指摘され悩んでいます。今日からすぐに実行出来る口臭改善ケアにはどのようなものがあるでしょうか?

40代男性からの相談:「口臭のせいで彼女に嫌われています。すぐ出来る口臭ケアを教えてください」

ここ最近、彼女からキスをしてもらえません。なんだか避けられているので気になっていたのですが、理由を聞いたら言いづらそうに口臭がきついと言われてしまいました。このままでは口臭のせいで嫌われそうです。すぐにできる口臭ケアがあれば教えてください。また歯を磨けば磨くほど口臭は解消されるのでしょうか。磨きすぎてもよくないなどの注意点があれば教えてください。

まずは口臭の原因を知るところから!

口臭には様々な原因があります。原因によって対策も違いますので、まずは原因を突き止めましょう。

口臭の原因は、磨き残し、舌の汚れ、歯槽膿漏、虫歯などのお口の中の問題、ニンニクやネギ類、香辛料などの臭いの強い食べ物の摂取、胃腸など消化器系の不調、ストレスや疲れ、特別な病気のサインなどがあります(看護師)

歯垢を減らすには正しい歯の磨き方を

歯垢が残らないよう正しくブラッシングしましょう。磨きすぎは逆効果の場合もあります。

長い時間をかけても、たくさん歯磨き粉をつけても歯垢がのこっていては臭いの元は絶てません。正しいブラッシングで磨き残しのないように丁寧に磨いてください。磨きすぎは歯や歯茎を傷め、歯茎の炎症をおこしたり、口の中を守ってくれている唾液の分泌を低下させて、雑菌が繁殖しやすい環境を作ることがありますから、強く磨くのではなく、歯間ブラシなどを使って、隅々まで丁寧に磨くようにしましょう(看護師)

舌の状態のチェック&ケアをしましょう

舌苔の付着は口臭の原因になります。

舌に白っぽい~黄色の苔がはえていませんか。この舌苔は臭いの元です。もし見つけた場合は、専用の舌ブラシで除去してください。歯磨きの延長でハブラシを使って舌をゴシゴシするのは味覚低下の恐れがあるので避けてくださいね(看護師)

虫歯や歯槽膿漏の不安がある時は歯科で相談・適切な治療を

口腔内の疾患は口臭の原因に。特に歯槽膿漏は口臭がきつくなります。

虫歯はもちろん、歯槽膿漏は臭いの原因になることが多いです。早めに治療をしてください。歯槽膿漏のサインは歯がグラつく・歯茎から膿のような臭い液がでる、歯茎がブヨブヨする、出血するなどです(看護師)

たくさん唾液をだす工夫をしましょう

水分をこまめに摂って口を潤すのも口臭対策になります。

唾液はとても身近で効果的なブレスケアアイテムです。習慣づけとして柑橘系の果物を食べるようにしたり、食事はよく噛んで食べるようにすると、サラサラした良い唾液がでるようになり口臭予防ができると言われています。即効性を期待するならガムを噛むのも良いですね(看護師)

今回はすぐに実践出来る口臭改善ケアをご紹介しました。対策はいろいろ考えられますが、闇雲にやっても効果は一時的なものになってしまうでしょう。原因を突き止めて適切な対策をしたいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加