健康

2016/12/17

いつまでもたるみのないお腹でいたい! 引き締まった身体を維持する方法は?

いつまでもたるみのないお腹でいたい! 引き締まった身体を維持する方法は?

若い頃と体重は変わらないのに、お腹がたるんできたという相談者さん。この状況を打破するためには、どんな対策を講じればいいのでしょうか。専門家に聞きました。

60代男性からの相談:「体重は変わらないのにお腹の皮がたるんできました」

私の体重は今57kgです。この体重は20歳の頃のものです。ずっと60kg以下に体重を維持してきたのですが、この夏ちょっと腹回りに異変が起きました。
腹の皮がたるんできたのです。急に来たように思います。特に右わき腹の皮がたるんでいます。体重は依然とほとんど変わっていません。
67歳だからこれくらいは許されると妻はいうのですが、私は嫌でなりません。何歳になってもすらっと締まった体形でいたいのです。
脇腹のたるみをとって今まで通りの締まった体にするにはどのような方法があるでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう
>>40歳以降太りやすくなった。メタボ解消できる食事とは?

筋トレと食習慣の見直しを

専門家によると、お腹まわりの脂肪はつきやすく落ちにくいといいます。たるみを防ぐためには、筋トレと食習慣の改善が必要です。

20歳の頃から体型をキープされているのは、素晴らしいと思います。どうしても年齢を重ねると代謝、筋肉の力が衰えてきます。お腹周りの脂肪は一番つきやすく落としにくい脂肪です。(看護師)
普段から運動をされていると思いますが、トレーニングの内容を変えてみるのも一つの方法です。お腹周りの脂肪を燃焼させる筋肉トレーニングを取り入れるのが有効です。筋肉トレーニングの後に有酸素運動を行うと脂肪燃焼の効果が上がります。(看護師)
お酒の量や糖質、脂質の量を減らして良質のたんぱく質を多く摂るようにすると筋肉が作られ、代謝も上がります。年齢から極端な食事療法は病気を引き起こしてしまいます。少しずつ食事を改善し、トレーニングをしていってみてはどうでしょうか。(看護師)

自らの年齢を受け入れることは正しい年の重ね方

老化は誰にも止められないもので、老化現象を嘆くのは解決できない問題を解こうとするようなものです。

男性は40代過ぎから皮膚のたるみが一段と進んでくるといわれています。皮下脂肪の蓄積でもたるみは起きますが、相談者さんの場合は、体重の増減がないことや引き締まった体をキープされるために努力をなさって来た方のようですので、筋肉量が減って脂肪が蓄積するというよりは、皮膚のたるみが原因の一つと考えられるでしょう。(看護師)
年齢から皮膚も衰えていくので、たるみやすくなるのは仕方がありません。ご自分の年齢を受け入れて、年齢に応じた方法で努力されることが必要です。皮膚のたるみを伸ばしたいと思う場合は、美容整形になってしまいます。(看護師)

たるみを防ぐクリームを試してみよう

たるみを防ぐクリームがあるようです。それを試すことで、多少は悩みが改善できるかもしれません。

皮膚のたるみをなるべく抑えるようにするためにも、皮膚の弾力を取り戻すための皮膚のケアが必要になります。皮膚が乾燥しても皮膚のきめがなくなり、たるみの原因になります。その場合は保湿クリームでケアしてみてはどうでしょうか。(看護師)
男性では抵抗があるかもしれませんが、皮膚を引き締めて弾力を取り戻すようなクリームが最近では男性用でもあるようですので、一度試してみるのもいいかもしれません。入浴直後が一番保湿力が高まるので、その時に塗るようにしてみてください。(看護師)

お腹まわりの脂肪は年齢と共に長く付き合わねばならないものになっていきます。加齢や老化は誰にでも平等に訪れる自然の摂理です。確かに、若い頃と同じような自分でありたいという思いはあるでしょう、しかし、いつまでも若さにしがみついているのは、はたして大人の男といえるのでしょうか。自らを受け入れることで、人生はより豊かなものになっていくのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加