通勤電車での腹痛・下痢…対処法としては○○を持つこと!

  • 作成日:2016.12.17
  • 更新日:2017.01.19
メンタル

通勤途中でお腹が痛くなり途中下車。会社に近くの連絡を入れる時にはストレスはMAX。こんな状態に心悩ませる人も多いでしょう。大きな不安を抱えて毎朝通勤するのはとても辛いことです。対処法をご紹介します。

20代男性からの相談:「通勤中の腹痛にどのように対処すればいいでしょうか?」

通勤中にお腹が痛くなることが多く悩んでいます。
もともと下痢気味の体質なので、そういう時には一旦トイレに行ってはみるのですが、必ず排泄ができるというわけでもないのが気になる点です。外出前にトイレに寄った際はなんともなくても、電車の中で腹痛がしたりするので、どう対処していいか困っています。
出社後は腹痛に見舞われることもなく、終業後に帰宅するまで普段通りに生活できているのですが、なにか気をつけることがあれば教えて頂きたく思います。

似た質問もチェックしてみましょう
>>下痢が長期にわたって続いている…過敏性腸症候群の疑いあり

ストレスが腹痛や下痢を引き起こすケースがある

専門家は過敏性腸症候群の可能性を示唆しています。これはストレスによってお腹の具合が悪くなってしまうものです。

通勤中の腹痛や下痢はストレスが関係している場合が多くあります。特に休みの日には下痢が止まるとき。などは可能性が高いと思います。ストレスや疲労などが原因で起こる下痢や腹痛は、過敏性腸症候群、潰瘍性性大腸炎などがあります。原因不明で若い男性に多いのがクローン病といわれるものです。(看護師)
症状から考えられるのは、過敏性腸症候群ではないでしょうか。過敏性腸症候群とは、神経性の下痢症状が出る病気で、大事な試験やプレゼン前などの緊張によりお腹が痛くなったり下痢をしたりしてしまいます。もともとお腹を下しやすい人や緊張しやすい人がなりやすいです。(看護師)

生活習慣の見直しが必要になるかもしれない

生活習慣が下痢を引き起こす可能性もあります。日々の生活を見直して腸内環境を整える必要も出てくるかもしれません。

薬の副作用で下痢が起こる場合もあります。胃薬の副作用が原因でも起こります。下痢をしているときは、1食抜いて腸を休ませてあげてください。(看護師)
暴飲暴食、喫煙、アルコール、刺激物、動物性の食品は控えめにすることが大切です。食生活を改善することで腸内環境も改善されます、冷たいものの摂り過ぎは避けてください。適度な運動とヨーグルトなどで腸内環境を整えることは大切です。(看護師)
対処法としては、病院にかかり、整腸剤を処方してもらうことのほか、ストレスを溜めないことやリラックスすることも大事です。しかし、急に気持ちを変えたり体質を変えたりはできませんよね。まずは、家を出る前に必ず、行きたくなく ても出なくてもトイレに行く習慣をつけます。そして、トイレに行ったから大丈夫と言い聞かせることです。(看護師)

「お守り」を持とう

下痢になってしまった時にそれを治める薬を持っているかどうかは安心感に繋がります。

仕事の時などは下痢を起こすのではないか心配になって、下痢を起こしてしまうこともあります。下痢止めを携帯していると安心材料になります。病院でも成長剤、下痢止めは処方していただけます。受診されると安心です。(看護師)
お守り的な意 味合いで下痢止めや痛み止めを常備しておき、いつでも大丈夫という状況を作っておくことも気持ちが楽になり、結果的に腹痛や 下痢が治まることに繋がります。(看護師)

通勤中の腹痛や下痢は、仕事を始める前の気持ちを削いでしまうもの。車や電車で移動している場合には、簡単にトイレによることができないという事実が恐怖にまで達してしまうこともあります。ですが、まずはお守りとして下痢止めを持ち、日々の生活習慣を改善してみましょう。気持ちのいい毎日を送ることができれば、薬の力も必要なくなるかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。